このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187320
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-096
事例作成日
(Creation date)
2015年04月23日登録日時
(Registration date)
2016年01月21日 17時12分更新日時
(Last update)
2016年03月11日 15時02分
質問
(Question)
現在の天皇御祭日の一覧のある資料を知りたい。
回答
(Answer)
天皇御祭日という言葉のある資料は見つからなかったが、『皇室辞典』(村上重良編 東京堂出版 1980)p122〈祝祭日〉の項目や、『官報 第6462号』(大蔵省印刷局 昭和23年7月30日)に、神武天皇祭(四月三日)、大正天皇祭(一二月二五日)が祭日であるという記述があった。このことによって、天皇御祭日とは天皇の崩御日であることが推測され、明治天皇以降の天皇の命日と、その日に祭祀が行われていることについて以下の記述が見つかった。
昭和天皇祭 1月7日(1990年崩御)
孝明天皇例祭 1月30日(1867年崩御)
神武天皇祭 4月3日
明治天皇例祭 7月30日(1912年崩御)
大正天皇例祭 12月25日(1926年崩御)

出典資料を紹介した。
『皇室事典』(皇室事典編集委員会編著 角川学芸出版 2009)
 p456-467「115 近現代の宮中祭祀」に、各祭祀の日付と説明あり。
 p466-467に「表2 現行の皇室祭祀一覧」あり。
『皇室辞典』(村上重良編 東京堂出版 1980)
『皇室の百科事典』(歴史百科編集部編 新人物往来社 1988)
 p199-206「皇室祭祀」に各祭祀の日付と説明あり。
『平成皇室事典』(主婦の友社編 新版 主婦の友社 1999)
 p302-314 各祭祀の一覧と日付と説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 インターネット情報を調べる。
《宮内庁》( http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html  宮内庁 2015/04/15最終確認)
「主要祭祀一覧」に日付と簡易な説明あり。

2 官報情報を調べる。
《官報情報検索サービス》(国立印刷局 2015/04/15最終確認)を以下のキーワードで検索する。
〈天皇 & 御祭日〉では質問に関連するものはなし。
〈天皇祭〉では以下のものが該当した。
(1)第6462号 昭和23年7月30日金曜日 官報(本紙)
(別紙)日本の祝祭日に「四月三日 神式天皇祭」「一二月二十五日 大正天皇際」との記載あり。
(2)第14762号付録 昭和51年3月24日水曜日 官報資料版No.926
「中央における植樹祭は、(中略)大正十五年以来、四月三日の神武天皇祭に日比谷公園で行われていた。」との記載あり。

3 参考図書を調べる。
『皇室事典』(前掲資料)
 p462〈神武天皇祭(4月3日)〉の解説に、神武天皇の崩御を追悼する祭であり、その崩御相当日(旧暦3月11日)には孝明天皇が参拝し、神武天皇祭は1874年から新暦の4月3日に改められたという旨の記述あり。また「先帝祭 平成2年(1990)より昭和天皇祭が1月7日に行われる。これは、明治4年(1871)の「四時祭典定則」で初代の神武天皇祭とともに天皇の親祭(大祭)として定められ」とあり。
 p462-463「先帝以前三代の式年祭(略)平成の時代には、慶應2年12月24日つまり新暦の一八六七年1月30日に崩御した孝明天皇、明治45年(1912)7月30日に崩御した明治天皇、大正15年(1926)1月25日に崩御した大正天皇の各例祭が、毎年それぞれの命日に小祭で営まれている。」とあり。
 p463「神武天皇と先帝および先帝以前三代以外の天皇、つまり綏靖天皇から仁孝天皇までの歴代については、それぞれの式年祭(100年ごと)が小祭で行われ、各山陵に奉幣の勅使が遣わされる。(略)いずれも明治改暦以前の天皇の式年祭は、命日の旧暦を新暦に換算した日に行われる。」とあり。
 p458に「明治の皇室祭祀」の一覧表あり。項目は、「大小」「月日」「祭祀名」「祭儀の場所」。
 p466-467に「表2 現行の皇室祭祀一覧」あり。表の項目は、「月日」「場所」「拝礼する天皇親族の例」「時刻」「祭服」。上記の表には、昭和天皇祭が1月7日、孝明天皇例祭が1月30日、神武天皇祭が4月3日、明治天皇例祭が7月30日、大正天皇祭が12月25日にあると記載あり。
『皇室辞典』(前掲資料)
『皇室の百科事典』(前掲資料)
 p199-206〈皇室祭祀〉の項目に祭祀の種類と説明あり。
 p202〈孝明天皇例祭〉として、孝明天皇の御命日に皇霊殿において行われる」「第一二〇代仁孝天皇例祭(二月二一日)」とあり。〈大正天皇祭〉の説明にも、命日を偲んで行われると記述あり。
『平成皇室事典』(前掲資料)p302-314「皇室祭祀」の項目に以下の記述あり。
 p307「昭和天皇祭 昭和天皇の崩御当日である一月七日、皇霊殿で行われる」
 p308「神武天皇祭 神武天皇が崩御したとされる四月三日、皇霊殿で行われる」
 p310「先帝以前三代の例祭 先帝昭和天皇以前の三代の天皇、すなわち第一二一代孝明天皇、一月三〇日(略)。一二二代明治天皇、七月三〇日(略)。一二三代大正天皇、一二月二五日(略)。」
 p314「天皇式年祭 天皇が崩御されてから、満三年、五年、一〇年、二〇年、三〇年、四〇年、五〇年、一〇〇年、以降は一〇〇年ごとに行われる式年の祭典」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『皇室事典』(皇室事典編集委員会編著 角川学芸出版 2009), ISBN 978-4-04-621963-3
『皇室辞典』(村上重良編 東京堂出版 1980)
『皇室の百科事典』(歴史百科編集部編 新人物往来社 1988), ISBN 4-404-01521-6
『平成皇室事典』(主婦の友社編 新版 主婦の友社 1999), ISBN 4-07-225242-5
キーワード
(Keywords)
皇室
祝祭日
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!