このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187318
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-095
事例作成日
(Creation date)
2015年04月15日登録日時
(Registration date)
2016年01月21日 17時09分更新日時
(Last update)
2016年03月11日 15時00分
質問
(Question)
元寇・文永の役(1274年)で大陸から持ち込まれた武器を知りたい。
以下のようなものがあったと見聞きしたことがある。
・火薬をつかったロケット花火(脅かす用途、殺傷能力なし)
・投石器(石で撃たれたという記述を見たことがある。西洋の投石器のようなものか)
・ヘルメット
回答
(Answer)
火薬をつかった「てつはう」(鉄砲)、「石弓」(投石器)を含む武器について記述がある資料を紹介した。
『蒙古襲来 教育社歴史新書 日本史』(阿部征寛著 教育社 1989)
 p89「武器としては、火薬を先端に装備した火箭、毒矢、弓、石弓(投石器)、太鼓、投槍などが使用された。」
 「こうした武器のうちで最も驚くべきものは「鉄砲」である。『絵詞』では「てつはう」とある。空中で爆発し、破片を飛散させているのがそうである。(後略)」
『蒙古襲来 その軍事史的研究』(太田弘毅著 錦正社 1997)
 p28-29 武器の「矢」と「てつぱう」について記述あり。「てつぱう」は「主要武器とは言えず、あくまでも特殊武器として、日本軍将兵の心肝を寒からしめた程度にとどまったと言えよう。」とあり。主力は「矢」であった旨の記述あり。
 p318-342「蒙古襲来時、元軍使用の矢について」に「矢」や「石弓」(投石器)等について記述あり。
太田弘毅著「蒙古軍の戦法・武器」(『歴史と旅 2001年2月号 28-2』p66-69 秋田書店 2001.2)
 p68「武器でも日本に見られないものが、元上陸軍には存在した。(中略)短弓・短矢で、連射・速射も可能であり、肉迫戦闘にも手ごろである。弓の根には猛毒が塗ってあるので、少しでも身体に当るとその毒気にまけてしまう。」
 「また、「てつはう」というものをも持っていた。『蒙古襲来絵詞』には「てつはう」と平仮名で記し、爆発して空中飛び散る絵も掲げられている。」
 「「てつはう」は、今日の鉄砲とは違っていて、爆弾か手榴弾のようなもので、炸裂火器の一種と見なしてよい。丸い容器に黒色火薬を充填する。」
 「弘安の役では、(中略)。また、接近中に発見され、元の艦船から放つ「石弓」―ばねで石を発射―で、日本側に多くの犠牲者が出たという(『八幡愚童訓』)。因みに戦場となった鷹島(長崎県北松浦郡鷹島町)沖からは、丸い石弾が引き揚げられている。」
『元寇と南北朝の動乱』(小林一岳著 吉川弘文館 2009)
 p32「「てつほう」は、火薬を使った武器で、鉄の半球を二つ合わせて中に火薬を仕込んだもので、投擲器を使って敵陣に投げ込み威嚇する兵器であった。」とあり。
『蒙古襲来 対外戦争の社会史』(海津一朗著 吉川弘文館 1998)
 p4「『蒙古襲来絵詞』文永の蒙古襲来を描いた場面―手投げ火器・長槍や短弓など新兵器を駆使して、(後略)」とあり。
『蒙古襲来研究史論 中世史選書 1』(川添昭二著 雄山閣出版 1977)
 p240-241 蒙古軍の鉄砲について、大正時代の石田幹之助、戦後の荒川秀俊、吉田光邦各氏の論文における意見が述べられている。「石田は、「鉄砲」に関する先行諸説をこまかく検討して、その投擲を人力に帰し、「鉄砲」を焼夷剤の一種とみている。(後略)」等。
回答プロセス
(Answering process)
参考図書を〈元寇〉で調査した後、自館目録を〈蒙古襲来〉〈元寇 & 武器〉で検索した結果、ヒットした資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
兵器.軍事工学  (559 9版)
参考資料
(Reference materials)
『蒙古襲来 教育社歴史新書 日本史』(阿部征寛著 教育社 1989)
『蒙古襲来 その軍事史的研究』(太田弘毅著 錦正社 1997), ISBN 4-7646-0308-X
『元寇と南北朝の動乱』(小林一岳著 吉川弘文館 2009), ISBN 978-4-642-06404-0
『蒙古襲来 対外戦争の社会史』(海津一朗著 吉川弘文館 1998), ISBN 4-642-05432-4
『蒙古襲来研究史論 中世史選書 1』(川添昭二著 雄山閣出版 1977)
キーワード
(Keywords)
元寇
日本-歴史-鎌倉時代
武器
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187318解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!