このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186830
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻322
事例作成日
(Creation date)
2016年01月06日登録日時
(Registration date)
2016年01月07日 15時14分更新日時
(Last update)
2016年03月29日 15時39分
質問
(Question)
高ボッチについて、①名前の由来②いつからそのように呼ばれるようになったかが知りたい。
回答
(Answer)
①【資料1】p.639-640に高ボッチ山の項目あり。
「高ボッチの名は明治四三年(1910)五万分の一地形図作成のための測量の人々が命名したという。」との記述あり。

②高ボッチ高原のパンフレットに次のような記述あり。
1)「だいだらボッチ」あるいは「でいらボッチ」などと呼ばれる巨人が、腰を下ろしてひと休みしたところという説。
2)「ボッチ」とはアイヌ語で巨人とか巨大の意味があって、高い山あるいは大きな山という説。
3)「ボッチ」とは高いところにある「くぼ地」という説。
4)山の形がビンに栓をしたように一段高くなっているので、栓の意味の「ボッチョ」になぞらえ「高ボッチ」としたという説。


【資料2】p.256-257 高ボッチ山の項目あり。
「高原は北へ横峯-鉢伏山と続いて、この間四キロは所々に広い凹地ができている。高ボッチという名は、この凹地に由来するといわれる。ボッチとは凹地の意味であると聞いたことがある。」との記述あり。

【資料3】p.135
「高ボッチのボッチという言葉が平地を意味するように、横峯・高ボッチ山・四沢山には、一六〇〇~一七〇〇メートルの山頂付近に平坦面があるのが、この山地の特徴である」との記述あり。

【資料4】p.134 
「「ぼっち」は「ぽっち」と同語で、所によっては「ぼっちょ」といい、器物の突起をいったり、穴に栓をすることを、たとえば瓶に「ぼっちょ」をするというし、器の蓋の中央のつまみ用の突起を「ぼっち」ともいます。そのほかに、山の頂き、所によっては帽子を「ぼっち」と呼ぶといわれますから、これらは高くなっているところをいう語だと思われます。例示の「高ぼっち」「高ぼつ」もこれに類する地名と考えられます。」

【資料5】p.24 高ボッチから塩尻峠に向かって尾根づたいに九十九曲りを降りた所の「荷直峠」についての記述あり。
「昔「デイラボッチョ」と呼ばれる大男が京都の比叡山を背負って、これを東国に移すべくこの峠までやてきた。ヤレヤレというのでここで荷(山)を背負い直したので荷直山と呼ぶようになったという。」

【資料6】p.49には荷直峠の伝説について、【資料5】と同様の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
長野県の地名に関する資料、塩尻の歴史に関する資料を確認した。

確認したが記述のない資料:
『塩尻市誌 第一巻』p.30には高ボッチ山bの地形についての記述が断面図と共に載っているが、名前の由来等についての記述はなし。
『塩尻市誌 第三巻』p.539には東山の開拓についての記述の中に、高ボッチ山周辺の地形についての記述がある p.724-725高ボッチ高原・鉢伏山とその周辺についての記述があるが、由来等についての記述はない。
事前調査事項
(Preliminary research)
すでに「高ボッチ高原 : 八ヶ岳中信高原国定公園 パンフレット」はご覧になっている。
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】平凡社[編] , 平凡社 , 平凡社地方資料センター. 長野県の地名. 平凡社, 1979-11. (日本歴史地名大系)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000327558-00 , ISBN 4582490204
【資料2】信濃毎日新聞社 編 , 信濃毎日新聞社. 信州山岳百科 1. 信濃毎日新聞社, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001629881-00
【資料3】塩尻市/編 , 三朋舎/編集協力 , 塩尻市. しおじり学びの道 : 学習ガイド : GUIDE BOOK. 塩尻市, 2007-03.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059369978-00
【資料4】松崎岩夫 著 , 松崎, 岩夫, 1923-. 長野県の地名その由来. 信濃古代文化研究所, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002167746-00
【資料5】東山開墾百年沿革史. 東山沿革史編集委員会/編, 東山百年祭実行委員会. 1978.5
【資料6】塩尻史談会 編 , 塩尻史談会. 塩尻の伝説と民話 増補改訂. 塩尻史談会, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001975554-00
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
塩尻市商工課 団体
登録番号
(Registration number)
1000186830解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決