このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186795
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
18279
事例作成日
(Creation date)
2016年01月06日登録日時
(Registration date)
2016年01月06日 17時01分更新日時
(Last update)
2018年11月09日 19時19分
質問
(Question)
「續古今集序」に「行きてみぬ境をも、宿ながら知るは、」とある。「宿ながら」の意味は?
回答
(Answer)
次の資料が参考になると思われる。

・校註国歌大系 第5巻 十三代集 1 国民図書株式会社/編 国民図書 1929

  ※p.393-400に「続古今和歌集序」が含まれ、
    p.396に「宿ながら知る」があり、次の注が掲載されている。
     「○宿ながら 家に居りながら。」
回答プロセス
(Answering process)
(1)他に「続古今和歌集序」が含まれる資料として次の所蔵があるが、現代語訳等はなし。

・続古今集総索引 滝沢貞夫/編 明治書院 1984
  ※p.10-15「続古今和歌集序」

(2)「古今」、「新古今」、「新続古今」については比較的所蔵があり、全文訳つきのものもあったが、
  「続古今」についての所蔵は「校註国歌大系 第5巻 十三代集 1」、「続古今集総索引」の2点しか見当たらなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
「言海」のあとがきに出てくる、とのこと。
NDC
詩歌  (911)
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
續古今集
続古今集
続古今和歌集(しょくこきんわかしゅう)
勅撰和歌集(二十一代集)
十三代集
「古今」、「新古今」、「新続古今」
大槻文彦
「言海」
現代語訳
口語訳
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
青空文庫に次の情報あり。

 ・ことばのうみのおくがき 大槻文彦
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000457/files/43528_17152.html

    ※「續古今集序
いにしへのことをも、筆の跡にあらはし、行きてみぬ境をも、宿ながら知るは、たゞこの道なり。しかのみならず、花は木ごとにさきて、つひに心の山をかざり、露は草の葉よりつもりて、言葉の海となる。しかはあれど、難波江のあまの藻汐は、汲めどもたゆることなく、筑波山の松のつま木は、拾へどもなほしげし。」

*

国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター様より
次の情報をいただいた。
---
下記文献に通釈がありました。

続古今和歌集全注釈 木船重昭編著 大学堂書店, 1994
p.9
「わが家にいたままで」
---
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000186795解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!