このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186461
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-150069
事例作成日
(Creation date)
2013/12/21登録日時
(Registration date)
2015年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年01月04日 16時51分
質問
(Question)
清少納言「枕草子」の中に出てくる「その花はなでしこ・・・いとめでたし」の意味を知りたい。特に「いとめでたし」の部分。
回答
(Answer)
「その花はなでしこ・・・いとめでたし」に関する記載について,次の資料をお調べしました。【 】内は当館請求記号です。

1 「その花はなでしこ・・・いとめでたし」の記載部分について
資料1 [清少納言],榊原邦彦 編『枕草子』和泉書院, 1994【914.3/セイ94X】
p.432「総索引篇」の「なでしこ」の項
「なでしこ」という言葉が記載されている箇所を調査したところ,該当部分は下記の3点でした。このうち,お探しの箇所は(2)と思われます。
(1)pp.29-33「第四十二段 こしらかはという所は」の項
p.30に「(前略)なてしこのいみしうさきたるにそいとよくにたる(後略)」との記載があります。
(2)pp.53-55「第七十段 草の花は」の項
p.54に「草の花はなてしこからのはさら也やまとのもいとめてたし(後略)」との記載があります。
(3)p.109「第百十九段 ゑにかきおとりする物」の項
「ゑにかきおとりする物なてしこ(後略)」との記載があります。

2 意味について
(2)の原文および訳について,次の資料に記載がありました。
資料2 『新編日本古典文学全集 18』小学館, 1997【918/シ1/18】
pp.120-122「六五 草の花は」の項
原文「草の花は なでしこ。唐(から)のはさらなり、やまとのもいとめでたし。(後略)」
現代語訳「草の花は なでしこ。からなでしこはいうまでもない、日本のなでしこも、とてもすばらしい。(後略)」

資料3 『日本古典文学大系 19』岩波書店, 1977【918/ニ1/19】
pp.105-106「枕草子」の項中の「【六七】」の項
本文「草の花は なでしこ。唐(から)のはさらなり、大和(やまと)のもいとめでたし。(後略)」
頭注「【六七】四九 唐なでしこ(石竹)はいうまでもなく、大和なでしこ(河原なでしこ)も大層立派だ。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
和歌
清少納言(セイショウナゴン)
平安時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*2016.1.4 回答資料1-3は,それぞれ底本が異なり,「草の花は」が掲載されている章段も「第七十段」「六五」「六七」の様に異なります。
これらの章段対照表について,国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター様より,下記のコメントをいただきました。

「下記のサイトがありました。

中島和歌子 北海道教育大学教育学部札幌校古典文学研究室
『枕草子』章段対照表 
http://www.sap.hokkyodai.ac.jp/~nakajima/waka/data/


※回答資料1は,この章段対照表に直接は記載されていませんが,同じウェブサイトの「•『枕草子』の校本・注釈書(一部)」に,回答資料1の章段番号についての記載があります。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000186461解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter








新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ