このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186309
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15120315577342
事例作成日
(Creation date)
2015/12/4登録日時
(Registration date)
2015年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
アメリカの教育改革の問題点について書かれた本はないか。
回答
(Answer)
『偉大なるアメリカ公立学校の死と生』はアメリカで教育政策に関わっていた著者が、関与した教育改革の失敗点を自ら指摘したものである。p117-136ではNCLBについての分析が述べられている。テストによる評価は学校においてテスト対策が最優先事項となり、テストに出ない教科の時間数削減、テスト技術向上のための時間数増加、無理な目標設定を達成するための水増し報告、目標未達成による閉校、チャータースクールへの移行の多発などが生じ、肝心の学力は期待したほど伸びなかったとある。2014年までに全ての生徒が習熟レベルに達することは到底無理であり、NCLBは失敗であったと述べている。
『さまよえるアメリカの教育改革』ではアメリカの教育改革について現状や問題点が解説されている。国家教育目標パネルや2001年初等中等教育法(ESEA)が目指したものとその検証、低迷する高校教育の現状と課題などの問題が取り上げられている。またアメリカでは多様な公立学校制度が用いられており、私企業が運営する公立学校や誰でも設立可能なチャータースクールがあるが、成果が挙がらないことやずさんな運営について指摘されている。
『商品化された教育 先生も生徒も困っている』では、アメリカとイギリスの教育の問題点についての新聞記事が紹介されている。チャータースクールについては、経費削減により突然先生がいなくなったり、学校が閉校してしまったことで、4年間で3校も子どもを転校させることになった記事が紹介されている。チューター(家庭教師)制度では、チューター事業者が強引な勧誘を行い苦情が出たことや、ずさんな運営会社があったこと、教育困難校在籍で実際に利用した者がわずかであったことなどが紹介されている。NCLB法については、成績格差の是正はほとんど進んでおらず、黒人系やヒスパニック系と白人との格差は依然として継続していると紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
ダイアン・ラビッチ『偉大なるアメリカ公立学校の死と生』 協同出版,2013,257p. 参照はp.117-136.
国際貿易投資研究所『さまよえるアメリカの教育改革』 国際貿易投資研究所,2005,257p. 参照はp.1-214.
佐々木 賢『商品化された教育 先生も生徒も困っている』 青土社,2009,233p. 参照はp.14-146.
キーワード
(Keywords)
教育
アメリカ
NCLB
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015120315532777342
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000186309解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!