このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186193
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20150701-08
事例作成日
(Creation date)
2015年07月01日登録日時
(Registration date)
2015年12月25日 11時35分更新日時
(Last update)
2016年01月05日 10時34分
質問
(Question)
「実名報道、匿名報道と警察」に関する資料を探している。
回答
(Answer)
「実名報道、匿名報道と警察」に関する資料
『少年事件の実名報道は許されないのか』(松井茂記/著 日本評論社 2000.11)
第四章「少年事件の報道制限を考え直す」p.144の中では、逮捕後の実名報道は、警察の活動の事実としての報道であると論じている。

『犯罪報道と警察』(浅野健一/著 三一書房 1987.7)
第四章「犯罪報道はなぜ実名か=柴田理論」p.135では、実名報道主義の立場をとるジャーナリストの意見として、実名報道が警察へのチェックになる点などが挙げられている。

『匿名報道 メディア責任制度の確立を』(浅野健一,山口正紀/著 学陽書房 1995.4)
公権力の監視のために実名報道が必要である、とした立場の紹介がある。著者は匿名報道主義の立場をとる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
松井茂記 著 , 松井, 茂記, 1955-. 少年事件の実名報道は許されないのか : 少年法と表現の自由. 日本評論社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002934995-00 , ISBN 4535512582
浅野健一 著 , 浅野, 健一, 1948-. 犯罪報道と警察. 三一書房, 1987. (三一新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001870275-00
浅野健一, 山口正紀 著 , 浅野, 健一, 1948- , 山口, 正紀, 1949-. 匿名報道 : メディア責任制度の確立を. 学陽書房, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003031134-00 , ISBN 4313817026
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000186193解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!