このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185735
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
K150812100026
事例作成日
(Creation date)
2015/8/20登録日時
(Registration date)
2015年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月17日 00時30分
質問
(Question)
1890年ごろの東京市の15区の各面積のわかる資料を探しています。「これまで調査した内容」で挙げた資料を見つけましたが、明治政府の公式な資料がないか探しています。
回答
(Answer)
ご照会のありました1890(明治23)年頃の東京市15区の面積は、東京府統計局『東京府統計書』明治23年版のpp.8-9.に記載がありました。
東京府統計書. 明治23年. 東京府. 1892. 【14.4-13】(当館請求記号)
この資料のpp.8-9.によると、例えば、麹町区は、明治23年(1890年)の面積が、0.52方里という記載があります。
この方里について説明します。方里は、日本で以前使用されていた尺貫法(しゃっかんほう)の一つの単位を表わす言葉で、1里とは、約3972メートルを指します。方とは、その一里に囲まれた面積を示します。つまり、1方里というのは、3972メートルを1辺とする四方形を意味し、メートル法では、約15.78平方キロメートルに当たります。そして、麹町区は、この尺貫法に従って計算すると、0.52方里ということになります。
以下、深川区まで以上のように計算することによって、各区の面積を把握することができます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
"東京百事便" published by 三三文房 in 1890 on NDL Digital Collections ( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991721); コマ番号13.
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000185735解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!