このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185594
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-128
事例作成日
(Creation date)
2014/04/16登録日時
(Registration date)
2015年12月14日 14時35分更新日時
(Last update)
2016年03月15日 18時46分
質問
(Question)
魚の部位ごとの栄養について、絵や図で記載されている資料が見たい。
回答
(Answer)
絵・図を用いて説明している資料として、以下の図書資料を紹介する。

『新ビジュアル食品成分表』(新しい食生活を考える会編著 大修館書店 2011)
 加工の種類ごとに栄養が分かるが、部位別ではない。備考欄で、どの部位が入っているのかは確認できる。
 p120- 切り身の栄養価あり。
 魚卵(いくら、すじこ、数の子など)、あん肝、フカヒレなどもあり。
『新しい栄養学と食のきほん事典 安心・安全・健康を支える』(井上正子監修 西東社 2010) 
 p160「マグロ:赤身にはたんぱく質やナイアシン、タウリンが。トロにはDHAやEPAとそれらの酸化を防ぐビタミンE、血合いには鉄やビタミンbが含まれます」とあり。簡易ではあるが、絵あり。
『魚 買う・つくる・食べる 実用百科』(実業之日本社 1992)
 p50「魚の部位を知ろう」に魚の絵(特定の魚ではない)があり各部位の説明あり。身、血合い、皮、内臓には栄養の成分について簡単な記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈食品成分表〉で調べる。
『魚の事典』(能勢幸雄〔ほか〕編集 東京堂出版 1989)
 p454-461に「魚の成分表」あり、部位別は無し。

自館目録を〈NDC分類〈498.5〉 & サカナ〉で検索する。
「おさかな栄養学」(鈴木たね子、大野智子共著 成山堂書店 2004)(県内公共図書館所蔵)
 p70「かぶと焼き、かぶと煮の成分」の表あり。
 p129「種々のマグロの一般成分」の表あり。
上記図書について、「日本水産学会誌 71(4)」(p665 日本水産学会 2005)の書評に「可食部100gあたりの各種栄養成分の含量を図表で示している点であり、生の含量だけでなく、部位別の含量や(後略)」とあり。
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/naid/110003169452  国立情報学研究所 2015/12/11最終確認)

《Googleブックス》( https://books.google.co.jp/ Google 2015/12/11最終確認)で以下の資料を確認する。
以下の2点には解題と感想あり。該当の記述なし。
「からだにおいしい魚の便利帳」(高橋書店 2010)
「からだにおいしい魚の便利帳/全国お魚マップ&万能レシピ」(高橋書店 2011)
「魚(さかな)の本 からだによく効く旬の食材」(講談社 2013)
 解題あり。「魚の栄養をわかりやすく解説。どこをどう食べればいいかわかります。」とあり。( http://books.google.co.jp/books?id=Y-rpngEACAAJ&dq=%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%8F%E5%8A%B9%E3%81%8F%E6%97%AC%E3%81%AE%E9%A3%9F%E6%9D%90%E9%AD%9A%E3%81%AE%E6%9C%AC&hl=ja&sa=X&ei=h9VAU4ekM4WNkwXWroDQBg&ved=0CEIQ6AEwAA

自館目録を〈からだによく効く〉で検索する。
『からだによく効く食べもの事典 おいしさ2倍、効果3倍』(池田書店 1998)
 「アジ」、「カツオ」「マグロ」の項に魚の各部位の栄養素について記述あり。

《Google》( https://www.google.co.jp/  Google 2015/12/11最終確認)を〈魚 & 部位 & 栄養〉で検索する。
《魚介類有効栄養成分データ集》( http://nrifs.fra.affrc.go.jp/kakou/eiyou/  水産総合研究センター中央水産所 2015/12/11最終確認)
 マイワシ、 カタクチイワシ、マサバ、マアジ、スケトウダラ、シロザケ等の各部位の一般成分組成、タウリン及び脂溶性成分、無機成分)の含有量表のpdfファイルあり。絵や図はなし。
《魚の部位別栄養学》( http://www.nagasaki-uo.co.jp/jiten_bui.htm  長崎魚市株式会社 2015/12/11最終確認)
 図解つきの部位別栄養の説明があり、ただし成分については大まかな記述のみ。

《Googleブックス》を〈魚 & 部位 & 栄養〉で検索する
「魚のさばき方と簡単レシピ 銀座の名店「鮨青木」の技を大公開 エイムック 1757」(鮨青木監修 エイ出版社 2009)
 p132「魚の栄養学」数値は無いが、部位毎に栄養について記述あり。
『魚ガイドブック 栄養価・特徴・料理法がひと目でわかる』(清水誠[ほか]共編 女子栄養大学出版部 1982)
 各魚の食品成分表が掲載されているが、部位毎に説明した図や絵はなし。魚によって、解説文中にその部位の栄養素が記されているものも少数あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
水産製造.水産食品  (667 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新ビジュアル食品成分表』(新しい食生活を考える会編著 大修館書店 2011), ISBN 978-4-469-27002-0
『新しい栄養学と食のきほん事典 安心・安全・健康を支える』(井上正子監修 西東社 2010), ISBN 978-4-7916-1715-9
『魚 買う・つくる・食べる 実用百科』(実業之日本社 1992)
キーワード
(Keywords)
食品成分
栄養
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000185594解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!