このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185518
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2015-06
事例作成日
(Creation date)
2015/12/1登録日時
(Registration date)
2015年12月12日 13時07分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時25分
質問
(Question)
 幕末から明治時代の写真で、手を隠して写っている人物(備考※1)が多く見られるが、それは何故か。
回答
(Answer)
 『写された幕末 石黒敬七コレクション』【資料1】に、「手が大きくなると迷信され、揃って手を袖のなかに隠す武士と遊所の女達。」とあります。『歴史読本 2014年5月号 古写真集成 幕末・明治の100人』【資料 2】にも、写真に写ると手が大きくなる、また、手によくないことが起こるという俗信があったという説が載っています。『日本国語大辞典』【資料3】によりますと、女性の白く細い指をたとえて言う「白魚」という言葉は、江戸時代から使われているようなので、そのような美意識も関係しているのかもしれません。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真  (740 9版)
日本史  (210)
民間信仰.迷信[俗信]  (387)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『写された幕末 石黒敬七コレクション』石黒敬七 著 明石書店 1990年 2105/5/90 p21
【資料2】『歴史読本 第59巻第5号,899(2014.5)古写真集成 幕末・明治の100人』(「古写真を楽しむための10の疑問 Q&A」倉持基) p37 KADOKAWA
【資料3】『日本国語大辞典 7』小学館 2001年 8131/45/7
キーワード
(Keywords)
写真
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※1「永井荷風家族写真」(小川一真写真館 明治時代)(江戸東京博物館:収蔵品検索) http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/edohaku/app/collection/detail?id=0101650019&sk=%8F%AC%90%EC%88%EA%90%5E
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000185518解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!