このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185134
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001009315
事例作成日
(Creation date)
2015/07/10登録日時
(Registration date)
2015年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月05日 00時30分
質問
(Question)
ベサメ・ムーチョを日本で初めて歌った黒木曜子の出身地ほか、詳細を知りたい。
回答
(Answer)
まず当館所蔵の人名事典を調査しました。
出身地に関して詳しくはわかりませんでしたが以下のとおり書かれていました。
●『新撰芸能人物事典:明治~平成』(日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2010.11)p307
「黒木曜子」の項目に、生没年月日、出生(出身)地が大阪府、本名が井関ふさ子であることと、経歴として「戦後、東京・新橋のダンスホールでタンゴやラテンを歌い、昭和23年コロムビア・レコードから「想い出のスバル」でデビュー。25年オルケスタ・ティピカ・東京の演奏で出した「ベサメ・ムーチョ」や、27年の「嘆きのブルービギン」がヒットした。」

●『日本芸能人名事典』(倉田喜弘/編 三省堂 1995.7)
p339
「黒木曜子」の項目に「大正一〇(一九二一)一・六―昭和三四(一九五九)二・一八 昭和期の歌手。大阪生まれ。本名は井関ふさ子。戦後まもなく、東京・新橋のダンスホールでタンゴやラテンを歌い、昭和二三年(一九四八)にコロムビアから「想い出のスバル」でレコードデビューした。二五年にオルケスタ・ティピカ・東京の演奏で出した「ベサメ・ムーチョ」がヒット。ニ七年「嘆きのブルービギン」も当てる。踏切事故のため活躍ざかりに亡くなった。」

なお、人物情報データベース「WHOPLUS」の記述は次のとおりです。
職業・肩書:歌手
本名:井関 ふさ子
生没年月日:大正10年(1921年)1月6日~昭和34年(1959年)2月18日 38歳
出生地:大阪府
経歴:戦後、東京・新橋のダンスホールでタンゴやラテンを歌い、昭和23年コロムビア・レコードから「想い出のスバル」でデビュー。25年オルケスタ・ティピカ・東京の演奏で出した「ベサメ・ムーチョ」や、27年の「嘆きのブルービギン」がヒットした。

次に当館で契約している「雑誌記事索引集成データベース」で調べたところ次のような出身地に関する記事が見つかりました。

●西谷美緒「ベサメ・ムーチョ―黒木曜子伝」
『婦人公論 臨時増刊』(中央公論新社 72(7)<870> 1987.6)p316-343
十三歳頃の話(「曜子の家は大阪の播磨町にあった。」との記載あり)、上海のダンスホールで歌っていたこと、上海から引き揚げてきてから娘を出産したこと、新宿のダンスホール「フロリダ」で歌手として職を得たこと、ベサメ・ムーチョがヒットするまでのこと、事故のことなどが書かれています。人名及び地名の一部が変更されているようですが、詳しく書かれています。

[事例作成日:2015年7月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
婦人公論 中央公論新社  72(7)<870> (316-343)
新撰芸能人物事典 日外アソシエーツ編集部∥編 日外アソシエーツ 2010.11 (307)
日本芸能人名事典 倉田/喜弘∥編 三省堂 1995.7 (339)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000185134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決