このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185053
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2017-11
事例作成日
(Creation date)
2018年3月1日登録日時
(Registration date)
2015年12月04日 09時50分更新日時
(Last update)
2018年03月29日 10時33分
質問
(Question)
日本で最初に現在と同じような名刺が使われたのはいつか。
回答
(Answer)
【資料1】『図説明治事物起源事典』、【資料2】『舶来事物起原事典』によると、現在と同じような洋式名刺が使われたのは、記録に残っているものとしては、万延元(1860)年、幕府の遣米使節が初めてではないかとされています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経営管理  (336 10版)
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『図説明治事物起源事典』湯本豪一/著 柏書房 1996年 請求記号:0314 / 10 / 96 p.312-313
【資料2】『舶来事物起原事典』富田仁/著 名著普及会 1989年 請求記号:0314 / 1 / 89 p.361
【資料3】『モノの履歴書』吉井敏晃/著 青弓社 1993年 請求記号:6751 / 2 / 93 p.95-101
【資料4】『20世紀モノ語り 創元ライブラリ』紀田順一郎/著 東京創元社 2000年 請求記号:0314 / B23 / 000
キーワード
(Keywords)
名刺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
(類似事例)
「名刺について、歴史・由来なんでも知りたい。」(凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132232
「名刺という言葉の由来。なぜ名紙ではないのか。」(紙の博物館図書室) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000046254
「名刺の歴史を知りたい」(山梨県立図書館)  http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039325

幕末外交談(国立国会図書館デジタルコレクション)  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/785647
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000185053解決/未解決
(Resolved / Unresolved)