このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184946
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-102
事例作成日
(Creation date)
2015/01/29登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 16時36分更新日時
(Last update)
2016年01月17日 14時19分
質問
(Question)
NHK第二ラジオで写楽の「ヤッコエドベエ」について解説しているのを聴いた。
1 その作品が見たい。
2 写楽の人物像について書かれている資料が見たい。
回答
(Answer)
写楽の人と作品に関する資料を調査、以下の資料が該当しこれを紹介した。
1、2の両方について記述がある資料
『写楽の全貌』(東洲斎写楽〔画〕 山口桂三郎編著 東京書籍 1994)
 p33に「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」のカラー図版、p49に8行の解説あり。
 p189-193に「謎の絵師東洲斎写楽」(山口桂三郎〔著〕)が掲載されている。
『写楽実像』(瀬木慎一著 美術公論社 1985)
 口絵に「二代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」の白黒図版が載っている。(「三代目」ではなく「二代目」)
 「写楽の人間像」(p48-54)「写楽別人説」(p139-151)があり。
『写楽 その隠れた真相』(田中穣著 芸術新聞社 1995)
 p9に「二代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」の白黒図版(「三代目」ではなく「二代目」)、p7-8に解説あり。
 歌麿説、斎藤十郎兵衛説、蔦屋重三郎説等について記載されているが、本著は歌麿説を採用している。
『写楽 カラーブックス』(内田千鶴子著 保育社 1999)
 p27に「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」のカラー図版、p135に解説あり。
 p172-184「写楽は誰か」で、さまざまな説を紹介している。p172「斎藤十郎兵衛が写楽である可能性が大」との記述あり。

1.作品について記述があった資料
『浮世絵大系 7 写楽』(座右宝刊行会編集制作 集英社 1975)
 図版21「二代大谷鬼次の奴江戸兵衛」のカラー図版、p120に解説あり。
『浮世絵を読む 3 写楽』(浅野秀剛、吉田伸之編 朝日新聞社 1998)
 図版11「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」のカラー図版が掲載されており、3行の解説もあり。
『東洲斎写楽 原寸大全作品』(浅野秀剛、諏訪春雄、山口桂三郎著 小学館 2002)
 図版20に「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」のカラー図版、p267に解説あり。

2.写楽の人物像について記述があった資料
『写楽 江戸人としての実像 中公新書』(中野三敏著 中央公論新社 2007)
 カバーの袖の部分に「本書はまず、江戸文化のなかで浮世絵が占める位置を再考した上で、残された数少ない手がかりを丁寧に考証し、写楽が阿波藩士斎藤十郎兵衛であることを解き明かす。」とあり、諸説を紹介しているが、「第6章 大団円」で、写楽=斎藤十郎兵衛の結論を出している。
『写楽 よみがえる素顔』(定村忠士著 読売新聞社 1995)
 諸説を紹介しているが、写楽=斎藤十郎兵衛説を採用している。
 p216「あとがき」の中に、「「写楽は斎藤十郎兵衛、能役者である」という結論にたどりつき、その場所にしっかりと立ってみると、本当の写楽研究は、これから始まるという気がする。」とあり。
『写楽 まぼろしの天才』(榎本雄斎著 新人物往来社 1969)
 諸説について考察・批判し、写楽=蔦屋重三郎としている。p219「跋」の中では「これまでに提示の史的資料によって、「写楽は蔦屋重三郎なり」の論旨に固執するつもりはない。だがつよい信念だけはもっている。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
質問中のラジオ番組は、「カルチャーラジオ 芸術その魅力」の「「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」-「手」に関して」(2015/01/28放送)。
《NHKラジオ第2文化番組》( http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch03/1501.html  日本放送協会 2015/01/29最終確認)

自館目録を〈写楽〉で検索、該当資料を調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
『写楽の全貌』(東洲斎写楽〔画〕 山口桂三郎編著 東京書籍 1994), ISBN 4-487-79075-1
『写楽実像』(瀬木慎一著 美術公論社 1985), ISBN 4-89330-054-7
『写楽 その隠れた真相』(田中穣著 芸術新聞社 1995), ISBN 4-87586-209-1
『写楽 カラーブックス』(内田千鶴子著 保育社 1999), ISBN 4-586-50908-2
キーワード
(Keywords)
浮世絵
東洲斎 写楽(トウシュウサイ シャラク)
三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000184946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ