このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184926
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15110518577307
事例作成日
(Creation date)
2015/11/5登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
過疎地などで買い物に苦労を強いられている人への支援として自治体が直接実施しているサービス事例について知りたい。
回答
(Answer)
『超高齢社会における食料品アクセス問題』では高齢者等が食料品の買い物に苦労を強いられる現状を詳細に分析しており、市町村の現行対策の実施手法・内容についても触れられている。それを見ると、団体自ら実施している市町村が3割弱とある。ただし、個別の事例については記述がない。
『買物難民』には福島県大玉村で役所の職員がボランティア休暇を利用して行っている移送サービスが紹介されている。
『「買い物難民」をなくせ!』では、北海道虻田郡喜茂別町で同町に定住することを基本的な条件にして、「地域おこし協力隊員」10人を非常勤の特別職員として雇用し、高齢者への声かけをはじめとする生活支援その他の任務と同時に、乗用車で高齢者を町の中心部にある商店・病院等に送迎する役割を担ってもらうという取り組みが紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
・薬師寺哲郎編著『超高齢社会における食料品アクセス問題』 ハーベスト社,2015,16,278p. 参照はp.218-219.
・杉田聡『買物難民』 大月書店,2008,206p. 参照はp.126-128.
・杉田聡『 「買い物難民」をなくせ!』 中央公論新社,2013 ,265p. 参照はp.138-141.
キーワード
(Keywords)
買い物難民
高齢者福祉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015110518563077307
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184926解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!