このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184877
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15040412177182
事例作成日
(Creation date)
2015/04/01登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
米に虫が湧いてしまったときの対処法方が知りたい。
回答
(Answer)
『コメのすべて』によると、コメに虫が湧いてしまったときは、日光にさらして除去するとよいと紹介されている。「日光の当たるところで薄く広げて干しておくと、虫が逃げていきます。もちろん虫が逃げた後のコメは、食べても大丈夫です。」と記載がある。併せてコメの保管に関しても記載がある。

『Q&Aご飯とお米の全疑問』には、「米びつに害虫が発生したらどうすればいい?」というコラムがあり、害虫発生時の対処方法が次のように紹介されている。「害虫の発生があまりにも多いときは米を廃棄したほうがよいかもしれませんが、少数であれば、一般にはベランダや縁側などで二~三時間ほど陰干し(虫干し)をすれば、成虫も幼虫もいなくなるといわれています。」また、虫干し以外の除去方法についても紹介されており、最終的には、「炊飯の前に、しっかりと洗米すれば安心して食べることができます。」と記載がある。併せてお米の上手な保存方法に関してもコラムで紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食用作物  (616 9版)
参考資料
(Reference materials)
有坪 民雄『コメのすべて』 日本実業出版社,2006,188p. 参照はp.64-65.
高橋 素子『Q&Aご飯とお米の全疑問』 講談社,2004,214p. 参照はp.74-76.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015040412175477182
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184877解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!