このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184869
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15031916077173
事例作成日
(Creation date)
2015/01/28登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「フォカッチャ」というパンについて、その語源とどんなパンか、作り方やアレンジなどが知りたい。
回答
(Answer)
『イタリア料理教本』にフォカッチャ(focaccia)の語源は「炉端(focus<ラテン語>。イタリア語のfocolare)で焼く」。とある。「ローズマリー風味のフォカッチャ」の写真もあり、作り方も掲載。また、『世界のパン図鑑224』には、「「火で焼いたもの」を意味しピザの原型といわれています」と記載されている。写真、形状、味の特徴についても解説されている。
『プロのためのわかりやすいイタリア料理』には「パン生地を平たくして焼いたものの総称。」という記述と、フォカッチャの作り方も写真つきで詳しく紹介されている。また、地方によって呼び方がさまざまであるフォカッチャの別名についてもフガサ(fugassa)、フィタッシェッ(fitascetta)などが紹介されている。
『世界のパンアレンジブック』には、フォカッチャを使った「きのこソテーのパニーノ」という料理が紹介されている。また、『おうちで作る世界のパン』には基本の作り方に加えて「ドライトマトとチーズのフォカッチャ」の作り方も記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
吉川敏明『イタリア料理教本』 柴田書店,2011,575p. 参照はp.141-149.
大和田聡子 監修『世界のパン図鑑224』 平凡社,2013,159p. 参照はp.84.
永作達宗『プロのためのわかりやすいイタリア料理』 柴田書店,2006,432p. 参照はp.392-393.
鈴木理恵子『世界のパンアレンジブック』 誠文堂新光社,2013,143p. 参照はp.32-33.
パンシェルジュ検定運営委員会 編『おうちで作る世界のパン』 実業之日本社,2012,109p. 参照はp.54-57.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015031916032977173
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184869解決/未解決
(Resolved / Unresolved)