このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184860
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15022713370273
事例作成日
(Creation date)
2014/11/14登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「三門だんご」について書かれた資料がないか。
回答
(Answer)
(1)岡山歴史地理学会発行の『郷土珍味を味ふ会 第一回』(資料①)によると、三門だんごについて次のような記述がある。
「三門団子の由来は古く、伝説によると菅公御左遷の御時三門の地にて御休憩遊ばされ、其の時団子を奉ったといふ。尓来其の地をミカドといひ団子の名もミカド団子といふ様になったといふ。明治時代には団子を商ふ店は九軒あったが今はすたれて唯一軒あるのみである。団子は蓬団子に餡をつけ、指型をつけて上に和三盆糖をふったものである。」

(2)資料②『岡山秘帖』には、「蜀三人と三門団子 築城史に秘む岩穴」には、三門団子について次のように書かれている。(なお、旧漢字は常用漢字に、旧かな使いは現代かなに置き換えて引用する。)
「徳川が江戸幕府を開いて諸国大名の参観交替に拠って外様大名の手足を封じた当初より西国往来の要?地、岡山城下にかゝる万成坂を下った三門の地に諸国の大名が休憩していたもので、此の休憩中を利用して、足軽、人足共を相手に初めたのが焼餅であって、草津の姥母が餅、静岡の安部川餅と共に三門の焼餅の名は漸次名声を馳せたものであって、且て蜀山人がこの三門を訪れた際 菊の紋つけた三門の焼餅はゆきゝの人ひくらひつかしむ と詠じさせた。…(中略)…それはさて置き菊の紋をつけた三門の焼餅は何時の時代からか蓬餅と変った。この時であった三門団子の名は、吉備団子とともにお国自慢の二名物となった。」

(3)岡長平著の『岡山話の散歩』には、資料②にある蜀山人の歌と三門だんごについて下記のような記載がある。
「菊の紋(指あとが、菊のようなので)、ついた三門(御帝)の焼餅は(昔は“あんころ”ではなかったらしい。他にも焼餅とある)、行き来の人を、喰い(位)つかしむ これを、蜀山人作といい、鐘近(前にある)といい、いろいろせんさくしてるが、この両人なら、も少し上手だ。出所は、十返舎一九の遺作と称する『西国陸路、金草鞋(きんのわらじ)』という…(後略)」とある。

(4)坪田譲治は「子ども十二か月」(資料④『坪田譲治童話全集』第13巻 所収)の中で、「わたしの生まれた村は島田といいましたが、となりの部落は三門といいました。そこは街道すじになっていましたので、家いえがすこし町らしくなっていました。よもぎだんごというのが名物になっていて、だんごは小さくて、あんこがどっさりついていました。これが喜ばれたのでしょうか。三門のよもぎだんごという名物となって、二軒も三軒もそれを売っていました。それでお墓まいりの帰り道、すこしまわり道をして、わたしのうちでは、そのだんごをときどき買ってきました。」とある。

(5)内田百閒は「餓鬼道肴蔬目録」(資料⑤『ちくま日本文学全集 005 内田百間』所収)の中で、「昭和十九年ノ夏初メ段段食ベルモノガ無クナッタノデセメテ記憶ノ中カラウマイ物食ベタイ物ノ名前ダケデモ探シ出シテ見ヨウト思イツイテコノ目録ヲ作ッタ」と註を書き、その目録の中で「三門ノよもぎ団子 註 みかどハ岡山市ノ西郊ニアリ」を挙げている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山歴史地理学会『郷土珍味を味ふ会 第1回』岡山 岡山歴史地理学会,1935,1冊.参照はp.4.
②高取久雄『岡山秘帖』岡山 吉田書店,1931,373p. 参照はp.313-316.
<国立国会図書館デジタルコレクション>(2015年3月19日確認)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459490
③岡長平『岡山話の散歩』岡山 日本文教出版,1984,173p. 参照はp.110.
④坪田譲治『坪田譲治童話全集 第13巻 かっぱとドンコツ』岩崎書店,1986,300p. 参照はp.143.
⑤内田百間『ちくま日本文学全集 005 内田百間』筑摩書房,1991,476p. 参照はp.325-332.
キーワード
(Keywords)
三門団子
三門だんご
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015022713361370273
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184860解決/未解決
(Resolved / Unresolved)