このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184853
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15022610570264
事例作成日
(Creation date)
2015/02/26登録日時
(Registration date)
2015年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
和服を作るときの布地の模様の配置の仕方について知りたい
回答
(Answer)
『被服学辞典』の「柄合わせ」の項目中に「和服を裁つときに,その模様が大柄である場合には,着る人の体型と好みを考えて着姿の美しいように柄の向きを工夫する必要がある」とあり、概略が記されている。

『和裁精義』の「大裁女物長着(七)柄合せ方の理論・柄合せ方図解」の項目に、ポイントを置く個所の詳しい説明と図解がある。縞の合わせ方についても、縦斜め横などの複数の例の図が示されている。

『はじめての和裁』には、大柄飛び模様と割り付け模様のそれぞれについての配置の説明がある。

『着物リフォーム基礎BOOK』には「柄合わせを考える」の項目に、同じ布の向きや位置を変えて配置した3種類の例の写真が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣服.裁縫  (593 9版)
参考資料
(Reference materials)
阿部幸子編集『被服学辞典』 朝倉書店,1997,474p. 参照はp.88.
西村文子『和裁精義 上巻』 創英社,2000,339p. 参照はp.30-34.
高尾道子・佐藤孝子『はじめての和裁』 永岡書店,2014,159p. 参照はp.133,140-141.
いのうえ真弓作品『着物リフォーム基礎BOOK』 主婦の友社,2011,96p. 参照はp.88.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015022610503670264
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000184853解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!