このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184666
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001340
事例作成日
(Creation date)
2015/05/25登録日時
(Registration date)
2015年11月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月01日 19時37分
質問
(Question)
(1)雑誌「石川の自然」(石川県自然保護協会)に掲載された宮本憲一「随想」
(2)宮本憲一「新市町村建設経営の展望」(石川県、1962)
を探しており、掲載号・掲載箇所、所蔵館などがわかりましたら、ご教示いただきたい。
回答
(Answer)
(1)1975年12月から1976年8月に宮本憲一の著作は見つかりませんでした。
「随想」というタイトルではありませんが、その前後をお調べすると、1976年5月15日発行 Vol.6 No.3 第31号に「兼六園有料化に寄せて-のぞましい無料 自然保護へ教育徹底を-」という記事がありました。肩書きは大阪市立大学教授となっており、文末には「(経済学・金沢出身)(昭和51.3.5 朝日新聞石川版)」の注記があります。
書き出しは「兼六園は四高時代の散策の地であった。卯辰山や河北潟を眺めながら、この高台にたたずむことは、金沢時代の最高のたのしみといってよい。」で、ページの半分強を割いて文章が掲載されています。

(2)発行「石川県」で、1962年発行の資料を探しましたが、掲載のありそうな資料は見つかりませんでした。
また、当館郷土関連DBで「宮本憲一」を検索しましたが、関連記事は見つかりませんでした。
さらに、母校でもあり、教鞭を取った金沢大学附属図書館の所蔵を検索してみましたが、該当する資料は見つかりませんでした。
なお、金沢大学附属図書館に宮本憲一氏が退官時に蔵書を寄贈した「宮本文庫」があり、中でも資料価値の高い約4千点が公開されているそうです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
(1)については、1975年1月から1977年4月までの著作目録(当時の学生調べ)に記載がありますが、発行年月の記載がありません。発行順で記載があると仮定すると、1975年12月から1976年8月の間の可能性が高いと思われます。

(2)については、宮本憲一「日本の地方自治 その歴史と未来」(自治体研究社、2005年)の170ページに記載がありますが、貴館の蔵書検索等では該当するものがありません。
NDC
日本史  (21 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 石川の自然 昭和51年(1976年)5月15日号 石川県自然保護協会 1976.5 4P

2 日本の地方自治その歴史と未来 宮本/憲一?著 自治体研究社 2005.4 318.2/10022 p120,170
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184666解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!