このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184632
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001306
事例作成日
(Creation date)
2015/03/10登録日時
(Registration date)
2015年11月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月06日 12時51分
質問
(Question)
会席で使われる「いりこ」「きんこ」について書いてある資料がほしい。
人をもてなす時に使うもので、一般的にいう小魚のいりこではなく、なまこを干したものだと思う。
回答
(Answer)
『石川・富山ふるさと食紀行』p277に「能登を代表する干物に干しナマコがあり、「きんこ」や「いりこ」とよばれる」とあります。『延喜式』に能登国の(租庸調の)調として上納されたことを伺える記述があるとも書かれています。(p278以降も干物の話は続きますが、特に「きんこ」や「いりこ」は出てきません。) p300には加賀藩の殿様が「いりこ」をよろこんで食べたというような文が出てきます。
『書府太郎 上巻』には「煎海鼠(いりこ)・海蔘(きんこ)」という表記で項目があり、産地などの他、いりなまこがつづまっていりこになった、「海蔘(きんこ)」は中国風の表記で「金海鼠(きんなまこ)」とは別である、という趣旨のことが書かれています。

『広辞苑』にも干しナマコの意味でいりこ【海参・煎海鼠】がでており、「和名抄19」が典拠として挙げられています。
また、『日本国語大辞典』にも「いりこ」「きんこ」ともに記載があり、特に石川県に限った名称ではないようです。こちらには複数の典拠が書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (38 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 石川・富山ふるさと食紀行 北國新聞社 2013.8 K383/1020 P277、300

2 書府太郎 上巻 北國新聞社 2004.11 K030/1003/1 P722

3 広辞苑 第6版 新村/出?編 岩波書店 2008.1 R813.1/10039 P205

4 日本国語大辞典 第1巻 第2版 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2000.12 R813.1/10019/1 P1386 いりこ

5 日本国語大辞典 第4巻 第2版 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2001.4 R813.1/10019/4 P661 きんこ
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184632解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!