このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184409
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001012876
事例作成日
(Creation date)
2015/11/20登録日時
(Registration date)
2015年11月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月26日 00時30分
質問
(Question)
CSR報告書の作成に役立つ本はあるか。
回答
(Answer)
当館では各企業のCSR報告書を精力的に収集・保存しているため、該当の書架を見ていただくとともに、特に報告書作成の視点から書かれた以下の所蔵資料、および参考となるガイドライン・行動指針に関する以下の所蔵資料を紹介した。

<報告書の作成について>

・『企業力UP優れたCSRのつくり方』 飛翔法律事務所∥編 日刊工業新聞社 2012.9
全体を通してCSR報告書の作成に役立つ内容ではあるが、特に
p.125-133「第8章 CSR報告書はどのように書くべきか:アピールポイントを中心に物語を作りましょう」
が報告書作成に特化している。

・『CSR入門講座 第3巻 CSRレポートを作成する』 松本/恒雄∥監修 日本規格協会 2005.6
(大阪府立中央図書館の所蔵)

・『ISOマネジメント』 12(11), 27-30, 2011-11
水野 博「CSRレポート作成の基本的な考え方 (特集 必ず役に立つCSRレポートのつくり方) -- (CSRレポートに必要な項目とは何か)」

<ガイドライン・行動指針>

・『グローバル企業の経営倫理・CSR』 日本経営倫理学会∥監修 白桃書房 2013.6
p.119-129「第8章 グローバル企業の企業行動指針の変遷とCSR」の中の
p.122「3 現代グローバル企業のCSRに関する行動指針」において、
(1)国連グローバル・コンパクト(United Nations Global Compact)
(2)GRIガイドライン(GRI Sustainability Reporting Guidelines)
(3)ISO26000(International Organization for Standard 26000)
が挙げられ、それぞれについて解説がなされている。

ちなみに、CSRコンサルタント・安藤光展氏のブログ
「CSRのその先へ : CSR(企業の社会的責任)の半歩先を発信するブログ」の中の
「CSR報告書の参考にすべきCSRガイドライン7選[2013年版]」
http://andomitsunobu.net/?p=6594
(2015年11月20日現在)
においても、この3点はトップ3に挙げられている。

これらのガイドライン・行動指針に関するその他の主な所蔵資料
・『ISO 26000:2010社会的責任に関する手引』 ISO/SR国内委員会∥監修 日本規格協会 2011.1
・『企業の社会的責任経営 : CSRとグローバル・コンパクトの可能性』 江橋/崇∥編著 法政大学現代法研究所 2009.3
・『グローバル・コンパクトの新展開』 江橋/崇∥編著 法政大学現代法研究所 2008.3
・『社会的責任の時代 : 企業・市民社会・国連のシナジー』 功刀/達朗∥編著 東信堂 2008.4(大阪府立中央図書館の所蔵)

[事例作成日:平成27年11月20日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
企業力UP優れたCSRのつくり方 飛翔法律事務所∥編 日刊工業新聞社 2012.9 (p.125-133)
CSR入門講座 第3巻 松本/恒雄∥監修 日本規格協会 2005.6
ISOマネジメント 日刊工業出版プロダクション  12(11)<135> (p.27-30)
グローバル企業の経営倫理・CSR 日本経営倫理学会∥監修 白桃書房 2013.6
ISO 26000:2010社会的責任に関する手引 ISO SR国内委員会∥監修 日本規格協会 2011.1
企業の社会的責任経営 江橋/崇∥編著 法政大学現代法研究所 2009.3
グローバル・コンパクトの新展開 江橋/崇∥編著 法政大学現代法研究所 2008.3
社会的責任の時代 功刀/達朗∥編著 東信堂 2008.4 (p.121-, p.193-, p.271-)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000184409解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決