このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000183454
提供館
(Library)
徳島市立図書館 (2300035)管理番号
(Control number)
2014063
事例作成日
(Creation date)
2014年9月3日登録日時
(Registration date)
2015年11月10日 15時20分更新日時
(Last update)
2016年03月18日 19時07分
質問
(Question)
江戸~明治の徳島県の茶(阿波晩茶)の生産高を知りたい。
徳島の茶、阿波番茶について。特に相生町(あいおいちょう)のもの。
回答
(Answer)
<阿波番茶について>
徳島県で古くから飲まれている阿波番茶は、日本で一般的に飲まれている緑茶の製法とは大きく異なる製法で作られている。かつては徳島県南部の山間部で作られていたが、現在では相生町(あいおいちょう)と上勝町(かみかつちょう)の二町で生産がおこなわれているのみである。(『徳島地域文化研究第2号』p122)
「晩茶」という表記については、一般にバンチャは「番茶」と表記するが、上勝町では、通常の番茶と差異化を図るため、あえて「晩茶」と表記している。(『徳島地域文化研究 第2号』p130)

<相生町の番茶について>
相生町における製茶は、農業の副業として発達した。また、阿波番茶の起源は明らかではないが、伝説によると弘法大師が太龍寺、平等寺、薬王寺建立のための巡錫(じゅんしゃく)の折、この地方に自生する山茶を発見して製茶法を教えたのが始まりだと言われている。(『相生町誌』p1209~p1210)

<生産高について>
明治15年の『徳島県統計表』によると、那賀郡(相生町含む)の番茶の生産高は、38195斤である。
『阿波の茶』p28に、日野谷村の明治17年から明治44年までの番茶の生産記録がある。相生村の記録は、大正14年刊の『相生村誌』に明治13年に番茶1500斤の生産があったと記されている。(『相生の民俗』p108)
『徳島県史 第5巻』p252に明治35(1902)年の那賀郡の番茶の生産高について記載あり。

「江戸~明治の生産高について」という質問だったが、当館所蔵の資料では、江戸時代の生産高については見つけられなかった。ちなみに『相生の民俗』p108によると、明治以前の記録は極めて乏しい、とある。

他、相生の阿波番茶について記載のある資料
『相生おもと』p28~33、『番茶と日本人』p45~48、『阿波の語りべ』p343
回答プロセス
(Answering process)
当館の過去のレファレンス事例(管理番号2014003)も参考にした。
当館OPACで「あわばんちゃ」を検索→『徳島地域文化研究 第2号』p122~p130に情報あり。『徳島地域文化研究 第2号』の参考文献である『阿波の茶』の内容をチェックした。

また、この地域は町村合併があったので、古い資料と現在では町名が変わっている。そのため、町名の変遷について調べた。まず、昭和31(1956)年、日野谷村(ひのたにそん)・延野村(のぶのそん)・相生村が合併して成立した。(『角川日本地名大辞典36 徳島県』)そして、平成17(2005)年、鷲敷町・相生町・上那賀町・木沢村・木頭村の丹生谷(にゅうだに)5町村が合併して、現在は「那賀町」になっている。(「徳島県那賀町」HP内「町のプロフィール」より)

他、「相生」や「茶」「番茶」のキーワードを当館OPACで検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗史.民俗誌.民族誌  (382)
工芸作物  (617)
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
徳島地域文化研究 第二号/高橋 晋一/徳島地域文化研究会 (ISBNなし)
徳島県郷土文化会館民俗文化財集編集委員会 編 , 徳島県郷土文化会館. 相生の民俗. 徳島県郷土文化会館, 1990. (民俗文化財集 ; 第11集)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002080013-00  (ISBNなし)
相生町誌/相生町誌編纂委員会/相生町 (ISBNなし)
徳島県史 第五巻/徳島県史編さん委員会/徳島県 (ISBNなし)
阿波の茶/山内 賀和太/相生町 (ISBNなし)
相生おもと/山内 賀和太/徳島県那賀郡相生町役場 (ISBNなし)
中村羊一郎著 , 中村, 羊一郎(1943-). 番茶と日本人. 吉川弘文館, 1998-08. (歴史文化ライブラリー)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000213110-00 , ISBN 4642054464
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 36 (徳島県). 角川書店, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001832240-00 , ISBN 4040013603
徳島県 那賀町< http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/ >(2015.11.24最終アクセス)
徳島県老人クラブ連合会 編 , 徳島県老人クラブ連合会. 阿波の語りべ. 徳島県老人クラブ連合会, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001946567-00  (ISBNなし)
キーワード
(Keywords)
阿波晩茶
番茶
徳島
相生
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000183454解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!