このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000183325
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-247
事例作成日
(Creation date)
2015年09月05日登録日時
(Registration date)
2015年11月06日 17時28分更新日時
(Last update)
2015年11月26日 14時37分
質問
(Question)
藤原秀衡の葬儀について、葬儀の日・場所・規模(参列者数、来賓者数)を知りたい。
回答
(Answer)
藤原秀衡の葬儀について記載のある資料は、見つけられなかった。亡くなった時の記録としては『吾妻鏡』『玉葉』が挙げられるが、どちらも勝者側の記録であり、葬儀についての記載はない。参考資料『奥州藤原氏』によると、平泉炎上に伴い史料は焼失していて、奥州藤原氏研究の大本(おおもと)となる史料は極めて不足しているということだった。

死亡時の記録と史料焼失について記載された資料は次の通り。

【死亡時記録について】
『藤原秀衡』
⇒p204~210「秀衡逝く」
《『吾妻鏡』の文治三年十月二十九日条は、今日、秀衡入道、陸奥国の平泉館において卒去す、と記している。この没した日付は、『玉葉』にも同月同日になっているし、信用できそうである。(略)》
『奥州藤原史料』
⇒p156 『吾妻鏡』『玉葉』の該当部分掲載あり。

【史料焼失について】
『奥州藤原氏』
⇒p1~33「第一章 奥州藤原氏最期の日」
《平泉館炎上に伴い同館にあった奥羽両国の「省帳、田文」その他文書類も焼失した》
《奥州藤原氏研究の大本となる史料(「彼ら自身の手になる史料」をいう)は極めて不足しており、研究上の隘路となっているのである》
『奥州平泉文書』
⇒「奥州平泉文書総説」(ページ付なし)
《「吾妻鏡」によると鎌倉軍の泰衡追撃があまりに急激であり、泰衡は平泉に止まることが出来ず、町・邸宅に火を放って倉皇として退却したので、その屋形は灰燼に帰し、一切の記録を失ったといっている。恐らくこの時記録所のような所が焼失したために、藤原氏の政治・財政記録は殆ど残らないのであろう》
回答プロセス
(Answering process)
・当館郷土資料書架 藤原氏関係資料をブラウジング。

・調査資料に記されていた参考文献の内容を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藤原秀衡』高橋 崇∥著 人物往来社∥出版 1966年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001080381-00 )
『奥州藤原史料』東北大學東北文化研究會∥編 吉川弘文館∥出版 1969年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000034357-00 )
『奥州藤原氏』高橋 崇∥著 中央公論新社∥出版 2002年, ISBN 412101622X ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003067895-00 )
『奥州平泉文書』岩手県教育委員会∥編  国書刊行会∥出版 1985年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001749152-00 )
キーワード
(Keywords)
藤原秀衡
奥州
平泉
吾妻鏡
玉葉
葬儀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000183325解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!