このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000183319
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻296
事例作成日
(Creation date)
2014年11月06日登録日時
(Registration date)
2015年11月06日 15時38分更新日時
(Last update)
2018年01月16日 17時27分
質問
(Question)
とってきたスズメバチの巣を置き物にして飾りたいが、そのやり方が載っている本はないか。
(巣はもうとってきてあって、ハチはいない。壊れてきているので、長持ちさせる方法が知りたい。)
回答
(Answer)
ハチに関する資料を中心に確認したが、図書では明確な答えが得られなかった。

外部団体に問い合わせをし、情報をいただいたので、資料と合わせそれらをお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
①ハチに関する資料を確認したところ、それぞれ次のような記述があった。

【資料1】中川村ハチ博物館について、著者の富永さんの取り組みについて、ハチの駆除のやり方等
【資料2】ハチの生態全般、巣やハチの駆除の詳細
【資料3】p64 巣の採集方法について簡単な記述
【資料4】ハチの巣作りについて等
【資料5】巣の発見のしかた等
【資料6】スズメバチ研究科によるスズメバチ全般の記述
【資料7】p38、39「スズメバチのくらし」 巣の中の様子、狩りのことなど
【資料8】p50-55 さまざまな種類のハチの巣のカラー写真と簡単な解説

いずれも、スズメバチやその巣については分かるものの、巣の保存方法についての記述はなかった。

そのほか、標本学、民俗学、郷土資料等も確認したが、それらしい記述はなかった。


②当館で所蔵のない資料で、載っていそうなものについて、所蔵館に内容を問い合わせた。

・雑誌『昆蟲』(日本昆虫学会、2012/10/5 15巻4号)「博物館だより(7)自然史博物館の教育普及活動における駆除スズメバチ巣の活用」奥島 雄一、岩田 泰幸
問い合わせ先:岡山県立図書館
 解体方法や標本としての保存、殺法等は掲載されているが、飾るためのやり方などは書かれていないとのこと

・『標本の作り方-自然を記録に残そう-大阪市立自然史博物館叢書(2)』(大阪市立自然史博物館編著, 東海大学出版会, 2007年7月)
問い合わせ先:松本市立中央図書館
 巣の標本の作り方は掲載されているが、飾るためのやり方は書かれていない

・『あっ!ハチがいる!』(千葉県立中央博物館/監修、晶文社出版、2004年07月)、『蜂は職人・デザイナー』(INAX出版、1998年03月)
問い合わせ先:長野市立長野図書館
 飾るためのやり方等は書かれていないとのこと


③図書では明確な答えが得られなかったため、複数の外部団体に問い合わせた。

【ニューロンサニター株式会社】(害虫駆除等)
●よく乾いた状態で、ニスを重ねて3回塗る。(艶消しのものだと自然の風合い)
●ガラスケースの中に入れ、コップに水を入れたものと一緒に置き、乾燥を防ぐ
※巣の中に、幼虫などがいる状態の場合は内側から腐る場合があるので、保存には適さない

ホームページ( http://newron.co.jp/blog/ )2014.11.8最終確認
ハチの巣を使用したワークショップの様子、ハチの種類ごとの生態・巣について等写真付きで紹介。(PDFあり)


【倉敷市自然史博物館】
●巣の中に、ハチ以外にも虫がいる可能性があるため、殺虫作業を行う
 ・ビニール袋等、密閉できるまるごと巣が入れられるものを用意し、濃度の高いエタノール(博物館ではシンナー系の酢酸エチルを使用。一般入手は難しいかもしれない)等を綿やティッシュに湿らせて入れ、一晩置く
 ・まるごと冷凍庫に一晩入れても同じ効果がある
 ・どちらも難しいようであれば、しばらく防虫剤を入れて密閉しておく

●長持ちさせるためには、乾燥した状態で、
 ・スプレーニスを表面に何往復か吹きかける
  ※艶がでるため、見た目の質感が変わってしまうが、持ちが強い
 ・フキサチーフ(薄いスプレーのり。画材やコンテの固定剤)を表面に何往復か吹きかける
  ※べたつきはないため自然のままの質感が保てる

●容器に入れて保存することにより、より長期の保存が可能
 ・アクリル等で密閉させて置く
 ・密閉が難しければ、防虫剤と一緒に置く(巣が有機質の塊のため、中に虫がつく可能性がある)


【信州日本ミツバチの会】のホームページ( http://shinshu328.wix.com/shinshumitubachi#  2014.11.8最終確認)には、ハチに関するQ&Aなどがいくつか掲載されているが、巣に関することはない。
問い合わせてみたところ、『蜂になった男』の著者であり、会の会長でもある富永さんの連絡先を教えていただき、個人的な質問にも応じてくださるとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】富永朝和, 「蜂になった男」編集委員会 著 , 富永, 朝和, 1938-. 蜂になった男. 信濃毎日新聞社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003021069-00 , ISBN 4784098801
【資料2】松浦誠[ほか]著 , 松浦, 誠(1941-). 蜂の生態と蜂毒及びその予防,治療対策. 林材業労働災害防止協会, 1988-09.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000235511-00
【資料3】春田俊郎 著 , 春田, 俊郎, 1922-1996. 昆虫-採集と標本づくり. 日本文芸社, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001622767-00 , ISBN 4537001259
【資料4】松浦誠 著 , 松浦, 誠, 1941-2005. 社会性ハチの不思議な社会. どうぶつ社, 1988. (自然誌選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001945279-00 , ISBN 4886222331
【資料5】松浦誠 著 , 松浦, 誠, 1941-2005. スズメバチを食べる : 昆虫食文化を訪ねて. 北海道大学図書刊行会, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003634241-00 , ISBN 4832973312
【資料6】中村雅雄 著 , 中村, 雅雄, 1948-. おどろきのスズメバチ. 講談社, 2013. (世の中への扉)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024613183-00 , ISBN 9784062182881
【資料7】寺山守 監修 , 寺山, 守. 昆虫のふしぎ. ポプラ社, 2007. (ポプラディア情報館 = Poplardia information library)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008501566-00 , ISBN 9784591095966
【資料8】ローレンス・モード 著 , リリーフ・システムズ 訳 , Mound, Laurence Alfred , リリーフシステムズ. 昆虫 : 魅惑に満ちた昆虫の体のつくり、生活史など にぎやかで興味深い昆虫の世界を探る. 同朋舎出版, 1991. (ビジュアル博物館 ; 第17巻)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002127890-00 , ISBN 4810409635
【資料9】(第9回) 冬は安心してお宅訪問 ハチの巣. 小学館, 2011. (見分けの達人養成塾 ひと目でわかる自然観察入門) Be-pal 15(4) p. p114-117
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
松本市立中央図書館
長野市立長野図書館
岡山県立図書館
倉敷市自然史博物館
信州日本ミツバチの会
ニューロンサニター株式会社
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000183319解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!