このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000183028
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中‐郷土‐85
事例作成日
(Creation date)
2015年10月29日登録日時
(Registration date)
2015年10月29日 09時48分更新日時
(Last update)
2015年12月14日 10時42分
質問
(Question)
石田の杜(いわたのもり)について知りたい。
回答
(Answer)
石田の杜は,京都市伏見区石田森西町に鎮座する天穂日命神社(あめのほひのみことじんじゃ・旧田中神社・石田神社)の森で,和歌の名所として『万葉集』などにその名がみられます。

・山科の石田の杜に幣(ぬさ)置かばけだし我妹に直に逢はむかも
 〈『万葉集』巻九-1731〉 藤原宇合(ふじわらのうまかい)
・山代の石田の杜に心おそく手向けしたれや妹に逢ひ難き 
 〈『万葉集』巻十二-2856〉 作者不詳

現在は“いしだ”と言われるこの地域ですが,古代は“いわた”と呼ばれ,大和と近江を結ぶ街道が通り,道中旅の無事を祈って神前にお供え物を奉納する場所でした。この石田の杜の所在地については諸説あったようですが,大和から近江への道すがらを歌う長歌【資料11】や,“石田杜”を解説する地誌【資料3】などから,明治10年(1877),京都府庁が現在の場所がふさわしいとし,社名も現在の天穂日命神社に改称されました。【資料1・6・9~11・13~16】

現在周辺は開発がすすみ,田地が減って集合住宅や商業施設に囲まれているものの,本殿などの建物は樹林の中に建つという良い環境が保たれ,京都市文化財環境保全地区に指定されています。
回答プロセス
(Answering process)
●京都の地名や地誌に関する資料より・・・【資料1~5】
 【資料2】“杜の中心に式内社の天穂日命神社があったとされている。~同社の比定地を石田森に決定したのは明治10年である。”
 【資料3】“石田杜田中杜。同所に在り。”
 【資料4】“参道入口には万葉の歌人藤原宇合のうたった〈山科の石田の小野の柞原(ははそはら)見つつか君が山道越ゆらむ(万葉集巻九‐1730)〉と記した歌碑が建っている。”

●伏見の地誌より・・・【資料6~7】
 【資料6】石田村(いしだ)
 【資料7】“このあたりは万葉の昔石田の森といわれる交通の難所で~石田の神に旅の安全を祈ったところである。”

●歌枕に関する資料より・・・【資料8~10】
 【資料8】“「石田の森」は『万葉集』以下『勅撰集』にも多く詠まれ,『枕草子』(三巻本)一九三段にも,「森は,殖槻(うえつき)の森。石田の森」とある。”
 【資料9】“今は神社のあたりにわずかの森を残すだけであるが,住宅地としてひらける以前には広い森があった。「森」は本来神の憑りつく木や林を意味し,鎮守の森をいった。”

●万葉集に関する資料より・・・【資料11~13】
 【資料11】長歌〈『万葉集』巻十三-3236〉 作者不詳

●天穂日命神社より・・・【資料14~15】

●京都市の文化財に関する資料より・・・【資料16】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
日本  (291 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』 (平凡社 1979) p459“石田杜”
【資料2】『角川日本地名大辞典 26-[1] 京都府』 (「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1982) p121“石田〈伏見区〉”
【資料3】『大日本地誌大系 37 山州名跡志』 (雄山閣 2002) p346
【資料4】『昭和京都名所図会 6 洛南』 (竹村 俊則/著 駸々堂出版 1986) p360~361“天穂日命神社,石田の杜”
【資料5】『新修京都叢書 第6巻 都名所図会』 (野間 光辰/編,新修京都叢書刊行会/編著 臨川書店 1967) p565
【資料6】『史料京都の歴史 16 伏見区』 (京都市/編 平凡社 1991) p172~175,191~192
【資料7】『京都伏見歴史紀行』 (山本 真嗣/著,水野 克比古/撮影 山川出版社 1983) p195
【資料8】『和歌の歌枕・地名大辞典』 (吉原 栄徳/著 おうふう 2008) p275
【資料9】『日本うたことば表現辞典 12 歌枕編』 (大岡 信/監修 遊子館 2008) p282~283
【資料10】『校注歌枕大観 山城篇』 (森本 茂/編著 大学堂書店 1979) p691~694
【資料11】『新日本古典文学大系 3 万葉集』 (佐竹 昭広/[ほか]編集委員 岩波書店 2002) p231~232
【資料12】『万葉の歌 人と風土 7 京都』 (保育社 1986) p138~146
【資料13】『京・近江の万葉めぐり』 (矢田 逸次/写真・文 かもがわ出版 2007) p16~17
【資料14】『式内社調査報告 第1巻 京・畿内』 (式内社研究会/編纂 皇学館大学出版部 1979) p290~291
【資料15】『京都・山城寺院神社大事典』 (平凡社/編 平凡社 1997) p51
【資料16】『京都市の文化財 第21集』 (京都市文化市民局文化部文化財保護課/編 京都市文化市民局文化部文化財保護課 2003) p12~13
キーワード
(Keywords)
石田杜(いわたのもり)
石田(いしだ)
天穂日命神社
万葉集
歌枕
伏見
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000183028解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決