このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000181957
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図14-30
事例作成日
(Creation date)
2015年02月14日登録日時
(Registration date)
2015年10月02日 15時47分更新日時
(Last update)
2015年10月02日 15時47分
質問
(Question)
火災における煙について、煙の出方、性質、成分について記載のある専門書を探している。
回答
(Answer)
以下の①~⑩の図書を紹介した。

①『火災の科学』(辻本誠著、中央公論新社、2011)

②『建築防火教材 新版 』(日本火災学会、日本火災学会、1980)

③『火災に向き合う建築学』(辻本誠・大宮喜文、オーム社、2006)

④『建物火災対策の12章』(堀内三郎、全国加除法令出版、1977)

⑤『建築防火』(堀内三郎、朝倉書店、1972)

⑥『はじめて学ぶ建物と火災』(日本火災学会、共立出版、2007)

⑦『図解火災安全と建築設計』(日本建築学会編、朝倉書店、2009)

⑧『火災燃焼生成物の毒性』(火災燃焼生成物毒性調査研究委員会編、新日本法規出版、1987)

⑨『火災と消火の科学』(中井多喜雄、日刊工業新聞社、2011)

⑩『火災便覧 第3版』(日本火災学会、共立出版、1997)
回答プロセス
(Answering process)
すでに保野健治郎の『建築防火』をご覧になっているとのことで、同分類の「524.9 防災構造」の書架をブラウジングしたところ、②~⑧の図書に煙の性質や流動などに関する記述があった。
他に、当館OPACの全項目で<火災>と検索したところ、「528 建築設備」の棚に②から表を引用した①の図書と、参考図書⑩が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済み資料:『建築防火』(保野健治郎、朝倉書店、1994)
NDC
建築構造  (524)
建築設備.設備工学  (528)
参考資料
(Reference materials)
辻本誠 著 , 辻本, 誠. 火災の科学 : 火事のしくみと防ぎ方. 中央公論新社, 2011. (中公新書ラクレ ; 383)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011169006-00 , ISBN 9784121503831 (「第2章 火災を科学する~世界最高水準の実験・研究で解明~」のp.73-75 「どんな物質からも発生する怖い一酸化炭素」では、有毒ガスの素材による違いなどについて述べられている。(図表の出典元は『建築防火教材 新版』))
日本火災学会. 建築防火教材 新版. 日本火災学会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001473056-00 , ISBN 9784254266184 (「3. 燃焼の基礎」のp.22~29「G.熱分解・燃焼生成物」では、煙粒子の生成や発煙について、「6.内装計画」のp.52-55「E.煙・ガスの放出特性」では、室火災での煙、ガスの放出について、p.100-110「9. 煙制御計画」では、煙濃度など煙の基礎的性質、建物内の煙の流動について述べられている。)
辻本誠, 大宮喜文 共著 , 辻本, 誠 , 大宮, 喜文. 火災に向き合う建築学 : かけがえのない生命と財産を守るために. オーム社, 2006. (東京理科大学・坊っちゃん選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008307681-00 , ISBN 4274203018 (「第1章 火災の歴史とその実態」のp.27-35「1-6 もうひとつの脅威、煙」で、煙の成分、煙の動きについて簡潔に説明されている。)
堀内三郎 著 , 堀内, 三郎, 1915-. 建物火災対策の12章 : 煙からいのちを守る方法. 全国加除法令出版, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001341796-00  (「5 建物火災の性状」のp.35-41では、煙の濃度、体積、流出、伝送について、p.83-91には「9 防煙対策」では、建物の構造と煙の流出について述べられている。)
堀内三郎 著 , 堀内, 三郎, 1915-. 建築防火. 朝倉書店, 1972. (朝倉建築工学講座 ; 10)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001142259-00 , ISBN 9784254268089 (「5. 建物の火災性状」のp.61-67「5.3 室からの発煙」では、室からの発煙・建物内の煙の伝送・流動について、「6. 材料の防火性と試験方法」のp.83-94 「6.5 材料の発煙性(ガス発生を含む)」では、煙濃度、発煙速度、煙(ガス)の有毒性について述べられている。)
日本火災学会 編 , 日本火災学会. はじめて学ぶ建物と火災. 共立出版, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009178735-00 , ISBN 9784320076976 (「第5章 火・煙から人をまもる-火災時の避難安全」のp.102-107「5.3 煙の怖さを知る」では、煙の成分や人体への影響、煙の流れについて言及されている。)
日本建築学会 編 , 日本建築学会. 図解火災安全と建築設計 : 建築家のためのデザインガイド. 朝倉書店, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010077297-00 , ISBN 9784254266344 (「1.火災安全の考え方」のp.14「1.7 煙の流れと盛期火災」に、室内、廊下、竪穴における煙の流れの図が掲載されている。また、
p.18 「「1.8 火災と人間」では、煙の害についての実験結果が引用されている。)
火災燃焼生成物毒性調査研究委員会 編 , 火災燃焼生成物毒性調査研究委員会. 火災燃焼生成物の毒性. 新日本法規出版, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001902641-00 , ISBN 478824277X (「煙対策」をはじめとする燃焼生成物の毒性に係る消防、建築、化学、燃焼、医学等の知識をまとめたもので、かなり専門性が強い。p.1-150「第1節 燃焼生成物の毒性評価」では、実験結果をもとに、有毒ガスについて述べている。)
中井多喜雄 著 , 中井, 多喜雄, 1933-. 火災と消火の科学 : おもしろサイエンス. 日刊工業新聞社, 2011. (B&Tブックス)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011097677-00 , ISBN 9784526066054 (「第1章 火災はどうしておこるのだろう?」のp.23-24「煙の正体と本当の怖さ」では、煙の性質について簡単な記述がある。)
日本火災学会 編 , 日本火災学会. 火災便覧 第3版. 共立出版, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002607083-00 , ISBN 4320076494 (「第一編 火災の基礎」のp.86-87「1・11・2 煙」では、煙濃度について簡潔に解説されている。)
キーワード
(Keywords)
火災
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000181957解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決