このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180788
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-052
事例作成日
(Creation date)
2013/12/18登録日時
(Registration date)
2015年09月25日 12時40分更新日時
(Last update)
2015年11月16日 14時52分
質問
(Question)
血圧、脈拍に関する本が見たい。特に数値がいくつ以上だと異常かなどが載っているものがよい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
『新編 家庭の医学 新赤本』(保健同人社 2005)
『病院で受ける検査がわかる事典』(山門實監修 成美堂出版 2003)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録をキーワード〈高血圧〉、出版年を2005年-2013年に絞り検索する。
「高血圧のすべて」(『からだの科学 2010年Winter』 日本評論社)
 p25-26「高血圧の診断」に正常血圧・高血圧の細かい分類あり。分類の典拠は「高血圧治療ガイドライン 2009」(日本高血圧学会 2009)

『新編 家庭の医学 新赤本』(保健同人社 2005)
 p250 正常な脈拍数の表あり。
 p252 コラム「正常な脈拍数」
 p437 血圧分類の表あり。表の下に「世界保健機構/国際高血圧学会」とあり。出典と思われる。

自館目録をキーワード〈健康診断〉で検索する。
『健康診断気になる数値の見方 異常あり!といわれた人のための』(主婦と生活社 1999)
 p38-39〈血圧の検査〉の項あり。
 資料発行当時の血圧測定の基準値およびWHO・ISHの血圧分類、ならびにJNCによる「高血圧病期別分類表(1993年)」あり。
『病院で受ける検査がわかる事典』(山門實監修 成美堂出版 2003) 
 p26-27「血圧測定」基準値から異常値まで記述あり。出典は『高血圧ガイドライン2000年版』(日本高血圧学会)
 p96「体温・脈拍」に簡単な説明と「脈拍の目安(年代別)」あり。
 p98「血圧」文章のみあり。
 p263「高血圧」症状について記述あり。〈高血圧の治療計画〉図の中に、正常値および正常高値あり。出典は『高血圧ガイドライン2000年版』(日本高血圧学会)

インターネット情報を確認する。
《メルクマニュアル医学百科 家庭版》( http://merckmanuals.jp/home/index.html  MSD株式会社 2015/07/14最終確認)でキーワード〈高血圧〉および〈不整脈〉を検索する。
〈高血圧〉で検索すると、「高血圧」の項目に、「成人における血圧の分類」として表があり、高血圧の定義が数値で示されている。
〈不整脈〉で検索すると、心拍数の正常値範囲について、頻脈、徐脈について記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編 家庭の医学 新赤本』(保健同人社 2005), ISBN 4-8327-0370-6
『病院で受ける検査がわかる事典』(山門實監修 成美堂出版 2003), ISBN 4-415-02271-5
キーワード
(Keywords)
健康診断
不整脈
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000180788解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!