このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180426
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-30-2015-009
事例作成日
(Creation date)
2015年09月16日登録日時
(Registration date)
2015年09月22日 17時30分更新日時
(Last update)
2016年05月26日 15時28分
質問
(Question)
服というものの始まりを知りたい。いつ、どのようにして、どのようなものが作られ、身につけられるようになったのか。
回答
(Answer)
1『世界服飾史のすべてがわかる本』(能澤慧子/監修 ナツメ社)
2『世界服飾史』(深井晃子[ほか]/執筆 美術出版社)
3『糸から布へ』(小林桂子/著 日貿出版社)

1『世界服飾史のすべてがわかる本』より
・「現在見つかっている最古の衣服は、ヨーロッパ・アルプスで発見された、約5300年前のミイラが装着していたものだ。アイスマンあるいはエッツィと呼ばれるミイラは、毛皮の上着やコート、帽子、草で編んだマント、内側に草を詰めた革製の靴など、明らかに防寒用の服を身につけていた」とあり、その写真も(上半身のみであるが)掲載されている。現在発見されている最古の服の形状を見ることができ、当時の衣服の目的は防寒・防護であったことがわかった。
・「猿人から原人、旧人へと進化してきた人類の祖先は、石器を改良しながら、動物の毛皮や植物を利用した衣服を作り、身につけていたと考えられている」「2009年9月、グルジアの丘陵地帯の洞窟にある旧石器時代の地層から、約3万年前に人類が使ったと考えられる繊維素材が発掘された」とあるので、さらに古い時代に毛皮や植物を繊維にしたものを衣服として使用していたであろうことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
能澤慧子 監修 , 能沢, 慧子, 1947-. 世界服飾史のすべてがわかる本 : 史上最強カラー図解. ナツメ社, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023402020-00 , ISBN 9784816351952
深井晃子 [ほか]執筆 , 深井晃子 監修 , 深井, 晃子, 1943-. 世界服飾史 : カラー版 増補新装. 美術出版社, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010819171-00 , ISBN 9784568400779
小林桂子 著 , 小林, 桂子, pub. 2013. 糸から布へ : 編む・もじる・組む・交差する・織る技法. 日貿出版社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024168644-00 , ISBN 9784817081933
キーワード
(Keywords)
衣服
服飾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000180426解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!