このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180044
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2015-018
事例作成日
(Creation date)
2014/06/03登録日時
(Registration date)
2015年09月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年09月17日 15時30分
質問
(Question)
所沢の昔話「滝の城の竜」に出てくる「舞台」という地名は現在のどこか。
回答
(Answer)
現在の清瀬水再生センターのあたりは、昔「清瀬村字舞台」という地名でした。
以下の資料とホームページに記述があります。
 〇『角川日本地名大辞典 13 』「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1978年
 〇「清瀬市役所ホームページ」 ぶたい
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の確認
 〇『角川日本地名大辞典 13 』「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1978年
 p.1210 清瀬市の項目に小字名「舞台」あり
2.インターネット検索
 〇「清瀬市公式ホームページ」 ぶたい  
 「現在の清瀬水再生センターのあたりは、昔「清瀬村字舞台」という地名でした。」と記述あり。
 
3.その他、記載のなかった資料は以下のとおり
 ×『所沢市史 地誌』 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1980年
  「矢崎」「井頭」は掲載があったが「舞台」はなし。
 ×『清瀬市史』 清瀬市史編纂委員会/編集 清瀬市 1973年
事前調査事項
(Preliminary research)
『ところざわふるさと散歩』 所沢市民俗研究会編 所沢市立中央公民館 1973年 「滝の城の竜」p.62に「その時、竜の首の飛んだ所が、井頭、矢の落ちたところが、矢崎、踊りをした場所が、舞台という地名になって、いまもそのまま残されています。」と記載あり。
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
角川日本地名大辞典 13 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1978 291.033
清瀬市役所ホームページ ぶたい http://city.kiyose.lg.jp/s004/050/020/030/060/hpg000001095.html 2015/9/10
キーワード
(Keywords)
舞台
滝の城の竜
清瀬市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地図・地名
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000180044解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決