このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179889
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000013292
事例作成日
(Creation date)
2014年07月15日登録日時
(Registration date)
2015年09月16日 11時25分更新日時
(Last update)
2015年09月16日 11時25分
質問
(Question)
平安時代の貴族は、あかりは何を使っていたのか。また、燃料には何の油を使っていたのか。
回答
(Answer)
平安時代の貴族の邸宅で使用される照明器具は高灯台が一般的で、大殿油(おおたなぶら=油でともした灯火)とも称した。ほかに手元を照らすものとして高坏灯台がある。
灯台とは、油を燃やした灯明皿を台架の上にのせて、屋内の照明に使ったもの。竿丈が1mほどのものを高灯台、50cm前後のものを切灯台という。平安以降には意匠にも変化があらわれ、布や紙などで覆いをつけた便灯台や、食べ物を盛る高坏を利用した高坏灯台も使用された。
移動の際には松の木を細く割って炭火であぶって黒く焦がし、手元を紙で巻いた脂燭(しそく=紙燭とも書く)や、道路や庭などの屋外では松明などが用いられた。
油に何を使用したか定かではないが、ごま油やエゴマ(荏胡麻)の油、椿や麻の実などの油が使われていたものと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
・「平安」「貴族」「あかり」など、キーワードで検索
・210.36の書架を見る。
・民具の参考図書を見る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
『千年の都平安京のくらし』 (鳥居本 幸代/著 春秋社)(p237-241)
『平安京のニオイ』 (安田 政彦/著 吉川弘文館)(p135-139)
『絵引民具の事典』 (岩井 宏實/監修 河出書房新社)(p193-194)
『日本民具辞典』 (日本民具学会/編集 ぎょうせい)(p12,385-386)
『全集日本の食文化』第5巻 (芳賀 登/監修 雄山閣出版)(p19-20)
キーワード
(Keywords)
平安時代
灯台
高灯台
高坏灯台
大殿油
ごま油
荏胡麻
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000179889解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!