このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179887
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000013274
事例作成日
(Creation date)
2014年10月29日登録日時
(Registration date)
2015年09月16日 11時07分更新日時
(Last update)
2015年09月16日 11時07分
質問
(Question)
李鍵公家について知りたい。李王朝の系図や、李鍵公家の子のことについて載っている資料があるか。
回答
(Answer)
李鍵は李王家出身で、戦時中日本の公族となり、戦後帰化して「桃山虔一」という名前になっている。高宗の孫で、2回結婚し、子どもは4人いるが、子どもについての情報はあまり見つからなかった。系図については、参考資料1をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
・依頼者より、当館所蔵の『古代韓国朝鮮王朝の歴史と人物』(別冊歴史読本)に載っているのではないか、ということだったので確認するが、記載なし。

・自館システムで「李鍵」「李王朝」「李王家」をキーワードに検索し資料を確認するが、記載が見つからない。

・インターネットで「李鍵公家」を検索すると、戦後日本に帰化し「桃山虔一」となったという記述がある。

・人名辞典類で「李鍵」「桃山虔一」を探すが見つからない。

・李王朝関係の一般書を確認すると、次の記載が見つかった。

(1)『天皇の韓国併合』(新城道彦著 法政大学出版局 2011年)に系図あり。

(2)『李方子』(小田部雄次著 ミネルヴァ書房 2007年)に戦後の李鍵とその妻だった誠子(帰化後は佳子)の生活について記載あり。

(3)『皇族に嫁いだ女性たち』(小田部雄次著 角川学芸出版 2009年)には佳子の戦後の様子、子どもについて記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『天皇の韓国併合』 (新城 道彦/著 法政大学出版局)(pviii-ix)
『李方子』 (小田部 雄次/著 ミネルヴァ書房)(p220-223)
『皇族に嫁いだ女性たち』 (小田部 雄次/著 角川学芸出版)(p224-225)
キーワード
(Keywords)
李鍵
桃山虔一
李王朝
公族
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000179887解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決