このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179857
提供館
(Library)
徳島市立図書館 (2300035)管理番号
(Control number)
2014061
事例作成日
(Creation date)
2014/08/31登録日時
(Registration date)
2015年09月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月18日 19時32分
質問
(Question)
山川町にある山川橋、螢橋について知りたい。
回答
(Answer)
山川橋
県営橋梁。全長106.3m、幅9.5m。昭和42年竣工。

螢橋
山瀬小学校の南側、旧川田川にある総花崗岩造りの橋。全長18.2m、幅2.2m。明治23年に今の石橋になった。
回答プロセス
(Answering process)
『山川町史』に載っているか確認を行った。

『改訂 山川町史』
山川橋(p511)
県営橋梁
様式/合成鋼板桁
長さ/106.3m
幅員/9.5m
竣工年月日/昭和42年
備考/国道192号線、川田川

螢橋(p510)
山瀬小学校の南側、旧川田川に総花崗岩造りの橋がある。全長18.2m、幅2.2m。今は国道192号線の開通とともにこの橋は本街道からはずれたものの、学校・保育園児らの通学橋として利用されている。
ここは徳島・西条線の本街道にあたり、昔は渡し舟で往来していたが、木橋がかかり、明治23年(1890)には今の石橋にかけかえられた。このあたりは螢がよく飛びかうところから、橋の名前も「螢橋」とつけられたのであろう。当時のだじゃれに「木の橋かけてほたる(朽たる)橋、石橋かけてほたる橋とは」というのがあった。
この螢橋は地域の名所として有名であり永く保存されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
山川 町史編集委員会/編 , 山川‖町史編集委員会. 山川町史 改訂版. 改訂山川町史刊行会, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I012920726-00
キーワード
(Keywords)
橋梁
山川町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000179857解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ