このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179678
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H27-028
事例作成日
(Creation date)
2015年7月16日登録日時
(Registration date)
2015年09月11日 15時35分更新日時
(Last update)
2017年08月04日 13時45分
質問
(Question)
「相模原市民の歌」の歌詞に「柴湖の原の昔より~」とあるが絶滅危惧種である“柴胡”、“ミシマサイコ”について知りたい。
回答
(Answer)
『植物レファレンス事典』
『日本の野生植物 草本 2』
『日本の絶滅危惧植物図譜』
『レッドデータブック 2014-8』 
『日本の薬草 ポケット判』
『薬草の散歩道薬になる野の花・庭の花100種』
『野外植物民俗事苑』 
『相模原市史 自然編』 
『相模の植物記』
『原色日本植物図鑑 草本編 2』 
『原色牧野植物大図鑑』  
上記の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス事典から探す。
『植物レファレンス事典』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2004 【s25203837 R470.3】
から参考になる資料を探す。
p935 「ミシマサイコ」を検索すると「セリ科の多年草。別名ブプレリウム、バプローラム、ポプラリアン。高さは30~70cm」とあり、自館所蔵の下記資料を確認した。
『日本の野生植物 草本 2』 佐竹義輔/(他)編 平凡社 1984 【s05739073 R470.3】
p280 「ミシマサイコ」の項目あり。
「山野にはえる多年草。茎は単一で、高さ30-70cmあり、上部は枝をわける。葉は長披針形~線形、長さ4-15cm、幅0.5-15mmでやや硬い。8-10月頃黄花を開く。線包片や小総包片は細くて短い。果実は球形で熟すると褐色となり、油管は細い。本州~九州、朝鮮に分布する。和名のミシマは、昔、生薬の産出地として名の聞こえた静岡県三島地方により、サイコは中国名の柴胡をとったもので、この属の総称でもある。漢方では根が解熱に用いられ、マラリアを治す効能がある。」の記載、写真あり。

“絶滅危惧種”というキーワードで4分類の一般書、参考資料の棚を探す。
『日本の絶滅危惧植物図譜』 日本植物画倶楽部/著 大島秀章/著 アボック社 2004 【s29886363 472.1】
p148-149 「ミシマサイコ」の項目に記載、絵あり。
『レッドデータブック 2014-8』 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室/編 ぎょうせい 2015 【s31616998 R462.1】
p462 「ミシマサイコ」の項目あり。
「形態と生育環境」「生育地の現状と判定理由」「都道府県別生育情報」等の記載あり。絶滅危惧Ⅱ類であり、100年後の絶滅確率が10%以上。福島・富山・奈良・宮崎・鹿児島では既に絶滅している(都道府県別生育情報)と分かった。

『日本の野生植物 草本 2』にある「生薬」という記載から“薬草”というキーワードで4分類の一般書、参考資料の棚を探す。
『日本の薬草 ポケット判』 伊澤一男/著 主婦の友社 2003 【s21265715 499.87】
p353 「ミシマサイコ」の項目あり。「特徴」「分布」「採取法薬用」の記載、写真あり。
『薬草の散歩道薬になる野の花・庭の花100種』 指田豊/著 日本放送出版協会 2001 【s21018692 499.87】
p90-91 「ミシマサイコ 漢方でなくてはならない草」の項目あり。
「生薬名」「特徴と見分け方」「薬用部位」「採取時期」「薬効と使い方」等の記載、絵あり。

4分類の一般書、参考資料の棚を探した結果以下の資料も見つかった。
『野外植物民俗事苑』 長沢武/著 ほおずき書籍 2012 【s25303686 R470】
p362 「ミシマサイコ」にて、「名前の由来と方言」「生態特性」「民俗事項」の記載あり。

相模原市民の歌にあるということで郷土資料の棚を探す。
『相模原市史 自然編』 相模原市総務局総務課市史編さん室/編 相模原市総務局総務課市史編さん室 2009 【s26620591 K1-21】
p432 「19 柴胡が原のサイコは、今」というコラムにて記載、写真あり。
『相模の植物記』 桐生亮/著 相模時事新聞社出版局 1982 【s21978853 K1-47】
p136-137 「ミシマサイコ」にて記載、写真あり。「天保三年(一八三一)九月、渡辺崋山が相模原を通りその遊相日記に 鶴間原に出づ、この原、縦十三里、横一里、柴胡多し、よって柴胡の原ともよぶ・・・・・・ と記した。このころの相模原の草原は県下で有名なサイコの産地であった。」

レファレンス協同データベースでキーワード“ミシマサイコ”で検索をする。
当館で過去に類似事例として受けた内容がヒットした。
相模原市立相模大野図書館の事例(管理番号:相大-H24-040) https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&lsmp=1&kwup=%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3&kwbt=%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3&mcmd=25&mcup=25&mcbt=25&st=score&asc=desc&oldmc=25&oldst=score&oldasc=desc&id=1000114657 (2016.01.13最終確認)の回答にある資料で未提供だった資料を提供した。
『原色日本植物図鑑 草本編 2』 北村四郎/著 村田源/著 保育社 1987 【s05738273 R470.3】
p8-9 「ミシマサイコ」「ハクサンサイコ」の項あり。(カラーイラストあり)
『原色牧野植物大図鑑』 牧野富太郎/著 北隆館 1986 【s25302761 R470】
p379 「ミシマサイコ」
p380 「ハクサンサイコ」の記載あり(カラーイラストあり)。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
薬学  (499 9版)
参考資料
(Reference materials)
『植物レファレンス事典』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2004
『日本の野生植物 草本 2』 佐竹義輔/(他)編 平凡社 1984
『日本の絶滅危惧植物図譜』 日本植物画倶楽部/著 大島秀章/著 アボック社 2004
『レッドデータブック 2014-8』 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室/編 ぎょうせい 2015
『日本の薬草 ポケット判』 伊澤一男/著 主婦の友社 2003
『薬草の散歩道薬になる野の花・庭の花100種』 指田豊/著 日本放送出版協会 2001
『野外植物民俗事苑』 長沢武/著 ほおずき書籍 2012
『相模原市史 自然編』 相模原市総務局総務課市史編さん室/編 相模原市総務局総務課市史編さん室 2009
『相模の植物記』 桐生亮/著 相模時事新聞社出版局 1982
『原色日本植物図鑑 草本編 2』 北村四郎/著 村田源/著 保育社 1987
『原色牧野植物大図鑑』 牧野富太郎/著 北隆館 1986
キーワード
(Keywords)
柴胡
相模原
サイコ
ミシマサイコ
三島柴胡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000179678解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!