このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179402
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-054
事例作成日
(Creation date)
2014/12/17登録日時
(Registration date)
2015年09月04日 12時54分更新日時
(Last update)
2015年11月16日 14時59分
質問
(Question)
1 安全な玄米食について知りたい。
2 玄米の発芽方法が知りたい。
3 玄米に関することが知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセス以下の資料を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1 安全な玄米食について
《Google》を〈玄米 & 安全 & 基準〉で検索する。
《食品表示 玄米及び精米品質表示基準Q&A》( http://www.caa.go.jp/foods/qa/seisen03_qa.html  消費者庁 2014/12/25最終確認)
玄米および精米の食品表示に関する問答集あり。

2 玄米の発芽方法について
自館目録を〈発芽玄米〉で検索する。
「発芽玄米ダイエット決定版」(『別冊宝島 706』 宝島社 2002)
 p101-105「自分で発芽玄米を育てる方法」あり。発芽玄米の育て方、保存の仕方が、写真やイラスト月で紹介されている。
「発芽玄米のすべて」(大海淳著 総合労働研究所 2001 県内公共図蔵)
 p140-150に家庭でできる発芽法がイラストつきで解説されている。
「モミ発芽玄米」(『現代農業 81(1)』p58-62 農山漁村文化協会 2002)
 玄米の発芽方法についての記事だが、家庭用ではなく業務用の発芽方法である。
「玄米が流行中!」(『現代農業 88(12)』p50-124 農山漁村文化協会 2009)
 p86に発芽玄米こうじを作る作業の段階での発芽玄米の作成法について解説あり。

3 玄米について
「玄米が流行中!」(『現代農業 88(12)』p50-124 農山漁村文化協会 2009)
 p64-75に「玄米をおいしく食べるために知っておきたいこと」として、玄米の構造や圧力鍋での炊き方が解説されている。炊飯ジャーでの炊き方もあり。
『Q&A ご飯とお米の全疑問 お米屋さんも知りたかったその正体』(高橋素子著 大坪研一監修 講談社 2004)
 p56、133、135に玄米に関する質問あり。
《高機能玄米協会》( http://www.mfbr.org/index.html  高機能玄米協会 2014/12/18最終確認)
 発芽玄米の栄養価や、栄養成分の働きについて紹介されている。
「スプラウト(新芽)の驚異「発芽玄米」(牧俊夫)」(『食品と科学 2004年5月号』p36-39 食品と科学社 2004)
 発芽玄米が脚光を浴びるきっかけや成分・効能について解説されている。発芽玄米の定義については規格がなく、一般的に「玄米を一定温度の温水で浸漬し、0.5-1.0mm程度に芽が出た段階で発芽を止めた状態の玄米」とされている。
「発芽玄米のすべて」
 玄米の栄養成分、発芽玄米の健康効果、体験者リポートなど幅広く解説されている。
『稲作大百科 2 栽培の基礎/品質・食味/気象災害』(農文協編 農山漁村文化協会 2004)
 p264に米粒各部位における一般成分の分布の表があり、玄米や白米、各種穀類の構成成分が一覧できる。
 p270に玄米や白米のビタミン含量、p279に玄米のミネラル含量および食味値の表あり。

調査済み資料
『玄米黒酢農法』(池田武、吉田陽介著 農山漁村文化協会 2004)
『ミヨビ農法 天然型アブシジン酸を使いこなす』 (禿泰雄著 農山漁村文化協会 2011)
『マクロビオティックの考え方 陰陽の研究』(三木利夫著 正食出版 1988)
『ときどきベジタリアン食のすすめ ビーガン,マクロビオティックから統合栄養学まで』(蒲原聖可著 日本評論社 2011)
『発芽生物学 種子発芽の生理・生態・分子機構』(種生物学会編 吉岡俊人責任編集 文一総合出版 2009)
『米の事典 稲作からゲノムまで』(石谷孝佑編 幸書房 2009)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食用作物  (616 9版)
参考資料
(Reference materials)
《食品表示 玄米及び精米品質表示基準Q&A》( http://www.caa.go.jp/foods/qa/seisen03_qa.html  消費者庁 2014/12/25最終確認)
『別冊宝島 706』(宝島社 2002)
「発芽玄米のすべて」(大海淳著 総合労働研究所 2001)
『現代農業 81(1)』(農山漁村文化協会 2002)
『現代農業 88(12)』(農山漁村文化協会 2009)
『Q&A ご飯とお米の全疑問 お米屋さんも知りたかったその正体』(高橋素子著 大坪研一監修 講談社 2004), ISBN 4-06-257457-8
《高機能玄米協会》( http://www.mfbr.org/index.html  高機能玄米協会 2014/12/18最終確認)
『食品と科学 2004年5月号』(食品と科学社 2004)
『稲作大百科 2 栽培の基礎/品質・食味/気象災害』(農文協編 農山漁村文化協会 2004), ISBN 4-540-03327-1
キーワード
(Keywords)
玄米食
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000179402解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!