このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000178794
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-15-011
事例作成日
(Creation date)
2015/05/29登録日時
(Registration date)
2015年08月21日 18時27分更新日時
(Last update)
2016年02月15日 11時20分
質問
(Question)
「こむら返り」を「からす返り」とも言うが、なぜそう言うのか知りたい。
回答
(Answer)
こむらがえりは「からすなえ、からすなえり、からすなめり」などと昔から言われていたようです。
「からすがえり」はその方言のようです。

「からすなえり」の語源説として、
①空筋綯(カラスナヘリ) 〔言元梯〕
②カラスはカラスヂ(茎筋)の略で、カラ(茎)は腓(こむら)の意。ナヘはナヘ(蹇)の義、リは添えた語 〔大言海〕
がありました。

また、
「筋肉が急にけいれんを起して動かすことができなくなること」という意味で、
身にあっては「からすなえ」と読み、足にあっては「こぶらかえり」と読む、
と痙攣を起こした場所によって読み方が違うという文献や、
「烏の歩き方に似ている手足の痙攣をカラスオレ・カラスガエリという」
という文献も見られました。
回答プロセス
(Answering process)
インターネット「こむら返り からす」で検索。
YAHOO!知恵袋 「こむら返りのことを何故カラス曲がりというのですか」の質問を参照。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114373143 (最終確認2016年1月10日)
カラス曲がりは長崎県五島列島の方言との記述あり。
参考資料に『日本国語大辞典』とあったので、当たってみる。

『日本国語大辞典第ニ版』第5巻 p1072に「こむらがえり」の項があったが、からす返りの言葉は出てこない。
『日本国語大辞典第ニ版』第3巻 p1075に「からすがえり」の項あり。新潟県東蒲原郡、中頸城郡、岐阜県飛騨の方言とあった。

方言ということで、『全国方言辞典』も参照。
p206に「からすおれ」の記述あり。「からすがえり」も載っており、愛知県北設楽郡、新潟の方言となっていた。

『日本方言大辞典 上巻』p623に「からすがえり」の項あり。
《からまげーり》長野県佐久など、言い方が違う方言がたくさん掲載されている。


【追記:2016年2月14日】

なぜ「こむら」が「からす」になるのか、分からずじまいだったので更に追加調査。

前回調べた『日本国語大辞典第ニ版』第3巻 p1075「からすがえり」の項を確認すると「「からすなめり(転筋)」に同じ。」とある。

p1078「からすなめり」の項には
「脚のふくらはぎの筋肉が突然けいれんをおこすこと。こむらがえり。からすがえり。からすなえ。からすなえり。
*十巻本和名抄(934頃)二「転筋 脚気論云転筋<俗云 古无良加倍利 一云加良須奈米理>由脚弱所生也」
*観智院本名義抄(1241)「転筋 コムラガヘリ カラスナメリ」」
とある。〔辞書〕に、和名・色葉・名義・言海とあり。

現在は様々な地域で方言として残っているが、昔からからすなめりとも言っていたようである。

p1077-1078「からすなえり」の項には
「語源説 (1)カラスナヘリ(空筋綯)の義〔言元梯〕。
(2)カラスはカラスヂ(茎筋)の略で、カラ(茎)は腓(こむら)の意。ナヘはナヘ(蹇)の義、リは添えた語〔大言海〕。」
とあり。

『言元梯』
早稲田大学図書館 古典籍総合データベース
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ho02/ho02_01209/index.html  <最終確認:2016年2月14日>
30ページ目に「轉筋 カラスナヘリ 空筋綯 カラスナヘリ」とあり。

『大言海』
『新編大言海』が当館に所蔵しているので確認。
p460に「からすなえり(轉筋)」
「〔からすハ、莖(カラ)(腓(コムラ))筋の略、(檝子(カヂコ)、かこ。汝達(ナンヂタチ)、なんたち)なへハ、蹇(ナヘ)、りハ、添ヘタル語、からすなめりトモ云フハ、へ、め、音通ナリ〕こむらがへりニ同ジ。又、からすなめり。今、博多ニテ、からすなへ。信濃ニテ、からすがへり。長崎ニテ、からすまがり。」
などとあり。(一部抜粋)


また、『日本国語大辞典第ニ版』「からすなめり」の辞書の項にに記載されていた他の典拠も確認した。

『色葉字類抄』(外題:伊呂波字類鈔)
早稲田大学図書館 古典籍総合データベース
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ho02/ho02_00596/index.html  <最終確認:2016年2月14日>
1巻 70ページ目「轉筋 テムキム カラスナメリ又コムラカエリ」とあり。

『和名類聚抄』
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544217  <最終確認:2016年2月14日>
和名類聚抄 20巻. [2] 22コマ目に記載あり。

当館に所蔵の資料だと、『諸本集成倭名類聚抄 本文篇』p106、584に確認。
(「箋注倭名類聚抄 巻二 六十一」「元和古活字那波道圓本 和名巻三 二十一」)

『類聚名義抄』
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2586898  <最終確認:2016年2月14日>
類聚名義抄. [9] 35コマ目に「轉筋 コムラカヘリ 一云カラスナメリ」記載あり。


古い言葉のようなので、古語辞典なども調べる。
『角川古語大辞典 第1巻』p897に「からすなへ」の項あり。

『時代別国語大辞典 室町時代編 2』p370に「からすなへ」の項あり。
「筋肉が急にけいれんを起して、動かすことができなくなること。
「折枝トハ老者ナドハ烏ナエナドノヤウニ手ノ指ガ屈デノビズ」(孟子聴塵一)
「転筋 身ニアツテハカラスナヘトヨミ、足ニアツテハ、コブラカヘリトヨム。コブラカヘリ」(病論俗解集)」
などとあり。(一部抜粋)

『病論俗解集』
京都大学電子図書館 京都大学附属図書館所蔵 富士川文庫 『病論俗解集』
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/f121/image/1/f121s0037.html  <最終確認:2016年2月14日>
37枚目に記載あり。


『日本民俗語大辞典』p418「からす」の項に
「烏の歩き方に似ている手足の痙攣をカラスオレ・カラスガエリといい」との記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
方言.訛語  (818)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典第ニ版』第3巻 日本国語大辞典第ニ版編集委員会、小学館国語辞典編集部/編 小学館 2001.03 <R813ニ3>, ISBN 4-09-521003-6 (p1075,1077,1078)
『全国方言辞典』 東條 操/編 東京堂出版 1951.12 <R818ト>, ISBN 4-490-10002-7 (p206)
『日本方言大辞典 上巻』尚学図書/編集 小学館 1989.03 <R818ニ1> (p623)
『新編大言海』大槻 文彦/著 冨山房 1986.04 <R813オ>, ISBN 4-572-00062-X (p460)
『諸本集成倭名類聚抄 本文篇』源 順/著 臨川書店 1981 <R813シ>, ISBN 4-653-00507-9 (p106、584)
『角川古語大辞典 第1巻』中村 幸彦/編 角川書店 <R813カ1>, ISBN 4-04-011910-X (p897)
『時代別国語大辞典 室町時代編 2』室町時代語辞典編修委員会/編 三省堂 1989.07 <R813シ2>, ISBN 4-385-13297-6 (p370)
『日本民俗語大辞典』石上 堅/著 桜楓社 1983.04 <R380イ>, ISBN 4-273-00981-1 (p418)
キーワード
(Keywords)
方言
古語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000178794解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決