このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000178750
提供館
(Library)
徳島市立図書館 (2300035)管理番号
(Control number)
2012030
事例作成日
(Creation date)
2012/09/14登録日時
(Registration date)
2015年08月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年10月08日 16時01分
質問
(Question)
「斎行」の正しい読み方と意味を知りたい。事典等を探している。
回答
(Answer)
記述のある資料を見つけることは出来なかった。

読みは「さいこう」、意味は「身を慎んで執り行う」ではないかと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料を確認したが、「斎行」という言葉についての記述はなかった。

『神道事典』(国学院大学日本文化研究所∥編、弘文堂)
『神道史大辞典』(薗田稔∥編、橋本政宣∥編、吉川弘文館)
『日本国語大辞典』(小学館国語辞典編集部∥編、小学館)
『日本語源広辞典』(増井金典∥著、ミネルヴァ書房)
『広辞苑』(新村出∥編、岩波書店)

それぞれの文字の意味を調査した。
【斎】
『広辞苑』(p173)
いつき…潔斎して神に仕えること。また、その人。
いつく…心身のけがれを浄めて神に仕える。あがめまつる。
『大漢和辞典 巻12』(p1091)
[邦]いつく。いつき。けがれを去って神に仕える。
『祭・芸能・行事大辞典 上』(p704)
「斎日」の解説の中に、「斎には、心身を清浄にするために身を慎むという意がある。」とある。
【行】
『広辞苑』(p922)
おこなうこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
新村 出. 広辞苑 第6叛. 岩波書店, 2009.1., ISBN 978-4-00-080123-2
諸橋轍次 著 , 諸橋, 轍次, 1883-1982 , 鎌田, 正, 1911-2008 , 米山, 寅太郎, 1914-2007. 大漢和辞典 巻12 修訂版 鎌田正,米山寅太郎修訂. 大修館書店, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001810336-00 , ISBN 4469030880
小島美子, 鈴木正崇, 三隅治雄, 宮家準, 宮田登, 和崎春日 監修 , 小島, 美子, 1929- , 鈴木, 正崇, 1949- , 三隅, 治雄, 1927-. 祭・芸能・行事大辞典 上(総説あ~そ). 朝倉書店, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010622593-00
キーワード
(Keywords)
斎行
読み方
事典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000178750解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決