このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000178718
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-994
事例作成日
(Creation date)
20150128登録日時
(Registration date)
2015年08月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年08月21日 00時30分
質問
(Question)
昭和10年代の一般的な国語辞典にはどんなものがあるか。
また、『言海』は当時どのような形態だったか。
回答
(Answer)
参考資料1『近代國語辭書の歩み 下』 付設 第一章 戦中戦後p915~p916に
「明治産物『辞林』衣鉢を継ぐものとしては三省堂の『広辞林』が大正の末年から昭和十年ごろまで読書界を風靡し、して新村出の『辞苑』に取って代わられる。」という記述があり、また小型版については「昭和十五、六年ごろまで読書界を風靡した小辞林(三省堂)は」という記述がある。
p932-〔言苑から新明解国語辞典まで〕という表に主な辞書が初版の年代順に表になっている。(昭和11年から昭和52年まで 体裁、丁数、頁数、刊行者、値段等掲載)それによると、昭和11年「辞鑒」、昭和13年2月に「言苑」、昭和18年5月に「明解国語辞典」が発行(初版)されている。


参考資料3『国語辞書一〇〇年』に国語辞書史の主だったところが分かりやすく記されている。
p152国語辞書100年略年表
p117-120新村出が辞書と歩んだ軌跡(戦前編)
p153-162近代主要国語辞典八点の記述を比較する


また参考資料2『近代國語辭書の歩み 上』p548~p570に「言海の功業」という項がありp568に四六判の「言海中形」が昭和10年4月574版になっており、その後昭和13年、16年、19年と版を重ねている。菊判載では「言海縮刷」が昭和9年3月に638版となっている。

NDLデジタルコレクションで『大言海』第3巻、4巻(参考URL1,2)ならば、昭和10年の版がインターネット公開されている。
回答プロセス
(Answering process)
キーワードより所蔵検索。
参考文献1の第三部近代的国語辞書の生みの悩み より近代国語辞書の成立過程や「言海」以後の普通辞書の実用化、大型国語辞典の誕生についてなど、国語辞書の変遷が記されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 近代国語辞書の歩み 下 山田 忠雄/述 三省堂 1981 813/1R/59
2 近代国語辞書の歩み 上 山田 忠雄/述 三省堂 1981 813/1R/59
3 国語辞書一〇〇年 倉島 長正/著 おうふう 2010.5 813/1/115 p117-120   p152-
1 国立国会図書館デジタルコレクション 『大言海 第3巻』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1265336 大槻文彦 1935 冨山房 2015.05.31最終確認
2 国立国会図書館デジタルコレクション 『大言海 第4巻』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1265406 大槻文彦 1935 冨山房 2015.05.31最終確認
キーワード
(Keywords)
国語辞書 近代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000178718解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決