このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000178125
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H27-007
事例作成日
(Creation date)
2015年3月10日登録日時
(Registration date)
2015年08月07日 13時07分更新日時
(Last update)
2016年07月05日 17時25分
質問
(Question)
徳川家康の遺訓を知りたい。
回答
(Answer)
「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし、いそぐべからず。
不自由を常とおもへば、不足なし、こころに望おこらば、
困窮したるときを思い出すべし、堪忍は無事長久の基、いかりハ敵とおもへ、
勝事ばかり知て、まくることをしらざれば、害其身にいたる、おのれを責て、
人をせむるな、及ざるハ過たるよりまされり、」

以下の資料を提供した。
『日本名句辞典』 p104に全文記載あり。
『将軍の生活』 p69に全文記載と遺訓の写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
①自館OPACでキーワード“徳川家康 遺訓”で検索する。該当なし。

②参考資料1分類の棚を直接見る。
『東西名言辞典』 有原末吉/編 東京堂出版 1986 【s06461941 R159.8】
p254に一部記載があるが全文の記載なし。「東照宮遺訓」と記載あり。

『日本名句辞典』 鈴木一雄/(他)編 大修館書店 1988 【s25188517 R159.8】
p104 全文の記載あり。

③自館OPACでキーワード“東照宮 遺訓”で検索する。
『将軍の生活』 石井良助/著 明石書店 2013 【s30953889 210.5】
p69 全文の記載と徳川家康の遺訓の写真あり。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『東西名言辞典』 有原末吉/編 東京堂出版 1986
『日本名句辞典』 鈴木一雄/(他)編 大修館書店 1988
『将軍の生活』 石井良助/著 明石書店 2013
キーワード
(Keywords)
徳川家康
遺訓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000178125解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決