このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177847
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-033
事例作成日
(Creation date)
2014/09/24登録日時
(Registration date)
2015年07月29日 14時24分更新日時
(Last update)
2015年10月02日 14時03分
質問
(Question)
キリスト教の回心について、定義やいつ頃から使われているのか、聖人たちの体験談などがわかる本が見たい。
回答
(Answer)
記述のあった以下の資料を紹介した。
1 参考図書(いずれも、いつ頃から使われているかについては記述なし。)
『日本国語大辞典 3』(小学館国語辞典編集部編 小学館 2001)
 p215〈かい-しん 回心・廻心〉の項
 「キリスト教で、宗教的思想や態度の明らかな変化を伴った信仰的成長。キリストによる罪のゆるしと、洗礼とによって起こる心の大きな転換。」
『宗教学事典』(星野英紀、池上良正編 丸善 2010)
 p256-259〈回心〉の項
『キリスト教神学用語辞典』(ドナルド・K.マッキム著 神代真砂実、深井智朗訳 日本基督教団出版局 2002)
 p64〈回心〉の項、p64〈回心後の経験〉の項、p64〈回心の祈り〉の項、p64〈回心のための準備〉の項、p64〈回心物語〉の項に関連の記述あり。
『岩波キリスト教辞典』(大貫隆〔ほか〕編 岩波書店 2002)
 p104〈回心〉の項
『新キリスト教辞典』(宇田進〔ほか〕編 いのちのことば社出版部 1991)
 p121〈かいしん 回心〉 すくいのちつじょ を見よ
 p659-663〈すくいのちつじょ 救いの秩序〉
2 一般図書
(1) おもな回心
『アウグスティヌス著作集 5/1 告白録』(アウグスティヌス〔著〕 教文館 1993)
 p222-227「回心の希求」 / p384-397「回心の喜び」 / p398-403「回心を遅らせているもの、転倒した意思と習慣の暴力」 / p405-407「行政官の回心物語」 / p435-438「回心、母モニカの喜び」
『アウグスティヌス『告白』 〈わたし〉を語ること…』(松崎一平著 岩波書店 2009)
 『告白』についての解説書。
 p171-191「第五章 友との日々─回心」
『パウロ 回心の伝道者』(木下順治著 筑摩書房 1986)
 p60-64「ダマスコの大回心」パウロの回心時を描写した文章あり。
『使徒パウロ 伝道にかけた生涯』(佐竹明著 日本放送出版協会 1981)
 p67-85「4 回心」
『現代宗教学 2 宗教思想と言葉』(脇本平也、柳川啓一編 東京大学出版会 1992)
 p187-209「8章 神話としての回心 島田裕巳」に以下の項目あり。
 1 回心体験のコンテクスト / 2 イエスの体験 / 3 パウロの回心体験 / 4 アウグスティヌスの回心体験 / 5 マニ教の善悪二元論 / 6 反マニ教としてのキリスト教 / 7 神話としての回心 
『神への転換 使徒行伝と今日の回心について』(W・バークレー著 大隅啓三訳 ヨルダン社 1975)
 目次に以下の項目あり。
 1 新約聖書における回心 / 2 回心という転向 / 3 その変化への諸手段 / 4 回心者への要求 / 5 回心者の義務 / 6 教会の義務 / 7 今日の回心 
(2) 日本人の回心
『回心記』(石原兵永著 聖書の言社 1979)
 著者の回心記録。
 p190-202 解説 p190「私にとって回心とは要するに、キリスト教による救いの経験である。」
『日本人の回心 日本キリスト教人物史研究』(野村耕三著 新教出版社 1976)
 目次に以下の項目あり。
 第1部 プロテスタント渡来期の代表的人物の回心 / 第2部 内村鑑三の弟子たちと代表的カトリック教徒の回心 / 第3部 国学、儒教、仏教、神道、犯罪、病気等の背景からの回心 / 第4部 社会的・経済的弱者の救済を意図した者の回心 / 第5部 文学者、詩人の回心 / 
 第6部 独自の信仰形成者の回心 
『余は如何にして基督信徒となりし乎』(内村鑑三著 鈴木俊郎訳 岩波書店 1958)
 内村鑑三が自身の回心について著したもの。
(3) 宗教学の資料から
『宗教的経験の諸相 上』(W.ジェイムズ著 桝田啓三郎訳 岩波書店 1969)
 p287-326「第9講 回心」
 p327-388「第10講 回心─結び」
 回心の構造や種類などについて書かれている。
『宗教現象学入門』(G.ファン・デル・レーウ〔著〕 田丸徳善訳 東京大学出版会 1979)
 p241-249「神と人間─聖なる行為─ B 内的な行為 回心」
『宗教学のすすめ』(上田閑照、柳川啓一編 筑摩書房 1985)
 p86-111「4 宗教意識と宗教経験 回心論再考 井上順孝・島薗進」に以下の項目あり。
 1 はじめに / 2 回心についての諸研究 / 3 回心研究の新たな地平 / 4 回心と回心物語 / 5 むすび
『講座宗教学 2 信仰のはたらき』(田丸徳善〔ほか〕編 東京大学出版会 1977)
 p57-118「第2章 回心論 脇本平也」に以下の項目あり。
 第1節 スターバックの回心研究 / 第2節 学説史上の問題点 / 第3節 回心の機構
『新宗教とアイデンティティ 回心と癒しの宗教社会心理学』(杉山幸子著 新曜社 2004)
 p57-82「4章 回心の心理学」に以下の項目あり。
 4-1 回心研究の流れ / 4-2 初期宗教心理学 / 4-3 新宗教運動の社会学・社会心理学 / 4-4 日本の回心研究 
3 雑誌
奥村一郎著「懺悔門(4)キリスト教の懺悔 回心の原点--愛と死」(『大法輪 69(8)』p164-169 大法輪閣 2002)
回答プロセス
(Answering process)
参考図書を〈回心〉をキーワードで調査するほか、自館目録を全項目〈回心〉で検索した結果ヒットした図書を調査した。
また、宗教学に関する資料を調査し、《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/09/24最終確認)を〈キリスト教 & 回心〉で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
信仰録.説教集  (194 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 3』(小学館国語辞典編集部編 小学館 2001), ISBN 4-09-521003-6
『宗教学事典』(星野英紀編 丸善 2010), ISBN 978-4-621-08255-3
『キリスト教神学用語辞典』(ドナルド・K.マッキム著 日本基督教団出版局 2002), ISBN 4-8184-0460-8
『岩波キリスト教辞典』(大貫隆編 岩波書店 2002), ISBN 4-00-080202-X
『新キリスト教辞典』(宇田進編 いのちのことば社出版部 1991), ISBN 4-264-01258-9
『アウグスティヌス著作集 5/1 告白録』(アウグスティヌス〔著〕 教文館 1993), ISBN 4-7642-3005-4
『アウグスティヌス『告白』 〈わたし〉を語ること…』(松崎一平著 岩波書店 2009), ISBN 978-4-00-028288-8
『パウロ 回心の伝道者』(木下順治著 筑摩書房 1986), ISBN 4-480-84152-0
『使徒パウロ 伝道にかけた生涯』(佐竹明著 日本放送出版協会 1981), ISBN 4-14-001404-0
『現代宗教学 2 宗教思想と言葉』(脇本平也編 東京大学出版会 1992), ISBN 4-13-014302-6
『神への転換 使徒行伝と今日の回心について』(W・バークレー著 ヨルダン社 1975)
『回心記』(石原兵永著 聖書の言社 1979)
『日本人の回心 日本キリスト教人物史研究』(野村耕三著 新教出版社 1976)
『余は如何にして基督信徒となりし乎』(内村鑑三著 鈴木俊郎訳 岩波書店 1958)
『宗教的経験の諸相 上』(W.ジェイムズ著 桝田啓三郎訳 岩波書店 1969)
『宗教現象学入門』(G.ファン・デル・レーウ〔著〕 東京大学出版会 1979), ISBN 4-13-012013-1
『宗教学のすすめ』(上田閑照編 筑摩書房 1985)
『講座宗教学 2 信仰のはたらき』(田丸徳善〔ほか〕編 東京大学出版会 1977), ISBN 4-13-014088-4
『新宗教とアイデンティティ 回心と癒しの宗教社会心理学』(杉山幸子著 新曜社 2004), ISBN 4-7885-0881-8
『大法輪 69(8)』(大法輪閣 2002)
キーワード
(Keywords)
宗教心理学
キリスト教-感想・説教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000177847解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!