このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177659
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2015-20
事例作成日
(Creation date)
2015/03/10登録日時
(Registration date)
2015年07月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月25日 11時01分
質問
(Question)
次のような資料を探している。
(1)美術品、特に絵画を取り扱う業者の実態がわかる資料。
(2)国の美術品に対する文化財指定の運用、手続きがわかる資料。
(3)文化財の盗難事件の一覧、並びに個々の事件について書かれた資料。
回答
(Answer)
(1)
画商等の取引実態については下記の資料が参考になります。
【資料1】『アート・マネージメント 画廊経営実感論』
「画廊の現状」p.85-98
「画廊の財務」p.99-130
【資料2】『社会のなかの美術』
「画商の役割」p.131-158
【資料3】『絵画の秘密 美術商が教える買い方・楽しみ方・儲け方』
「美術業界の内幕と常識」p.62-73
【資料4】『アートマーケットの裏側 美術品を賢く買うために』
「日本の美術市場はいったい誰が動かしているのか」p.5-66
【資料5】『美術コレクション入門』(県内市町村立図書館所蔵)
「画商とはどんな職業か」「売買の実態」

(2)
有形文化財指定の手続きについては下記資料が参考になります。
【資料6】『わかりやすい文化財保護制度の解説』
「有形文化財の保護制度とその活用」p.50-88
【資料7】『最新改正文化財保護法』
「指定制度等について 指定とその手続」p.16-19
【資料8】『文化財保護関係法令集』
「国宝及び重要文化財指定基準」p.214-216
「国宝又は重要文化財指定書規則」p.111-116 別表の書式の記載あり。
【資料9】『文化財保護の実務 上』
「文化財の指定のしかたと諸問題 有形文化財」p.278-329
【資料10】『文化財保護法五十年史』
「有形文化財関係の保護制度の概要」p.58-63
「美術工芸品の調査と指定」p.107-111
「国宝及び重要文化財指定基準」p.578-579

なお、上記の基準や規則は各省庁のホームページでも閲覧できます。
文部科学省「告示・通達 国宝及び重要文化財指定基準」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/index.htm
文化庁「文化財保護法関連規則 国宝又は重要文化財指定書規則」
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/shokan_horei/bunkazai/hogoho_kisoku.html

(3)
最近の文化庁の調査によると、国指定文化財(美術工芸品)のうち33件が盗難のため所在不明となっています。一覧表の備考欄に「盗難届出済」と表記されているものが該当します。一覧表から、国宝・重要文化財の区分、文化財の種類、指定年、指定名称、個人・社寺等の所有者の区分、所有者の都道府県といった情報がわかりますが、個々の事件の詳細は載っていません。事件によっては新聞記事のデータベースで検索して関連する記事が見つかる場合があります。

文化庁「報道発表」
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/
文化庁「国指定文化財(美術工芸品)の所在確認調査の概要(第1次取りまとめ)について」(平成26年7月4日)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2014070401.pdf
文化庁「国指定文化財(美術工芸品)の所在確認調査の結果(第2次取りまとめ)の概要について」(平成27年1月21日)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2015012101.pdf

また、下記サイトでは、新聞記事やニュースサイトの記事を引用しつつ、仏像を中心にした文化財の盗難事件の情報を収集しています。
神奈川仏教文化研究所「盗難文化財」
http://kanagawabunnkaken.web.fc2.com/index.files/topics/tonan.html
回答プロセス
(Answering process)
(1)
自館の書架で720(絵画)付近をブラウジングして、また「画商」「画廊」「美術商」「売買」「購入」「美術品」「美術界」「美術市場」等のキーワードを組み合わせて蔵書検索をして、関連資料にあたりました。

(2)
自館の書架で709(文化財)付近をブラウジングして、また件名「文化財保護」と全項目「実務」「実際」「運用」等のキーワードを組み合わせて蔵書検索をして、関連資料にあたりました。

(3)
文化財の盗難件数については【資料10】『文化財保護法五十年史』「国宝・重要文化財(美術工芸品)火災・盗難等被害件数一覧」(平成12年6月現在)(p.601)に記載されています。文化財保護法以前と以後を合わせて64件となっています。ただ、これは事件の一覧ではありません。文化庁が詳しい情報を持っていることを見込んで、文化庁ホームページで「文化財 盗難」とサイト内検索をしたところ、「国指定文化財(美術工芸品)の所在確認調査」の結果がヒットしました。
また、自館の蔵書検索で件名「美術品」「窃盗」や全項目「文化財」「美術品」「絵画」「盗難」「事件」等のキーワードを組み合わせて検索しました。ヒットしたのは外国の美術品盗難事件に関する資料が主で、参考までに紹介します。
『美術品はなぜ盗まれるのか ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い』(サンディ・ネアン著 白水社 2013)
『FBI美術捜査官 奪われた名画を追え』(ロバート・K.ウィットマン著 柏書房 2011)
『芸術とスキャンダルの間 戦後美術事件史』(大島一洋著 講談社 2006 講談社現代新書)「名画盗難と三億円強奪事件」「大原美術館盗難事件」
『闇に消える美術品 国際的窃盗団・文化財荒らし・ブラックマーケット』(エマニュエル・ド・ルー著 東京書籍 2003)
『盗まれたフェルメール』(朽木ゆり子著 新潮社 2000 新潮選書)

『「盗まれた世界の名画」美術館』(サイモン・フープト著 創元社 2011)
付録「行方不明の美術品展示室」(絵画の概要とそれが消えた年月日・場所、評価額を図版とともに掲載)。「本書の事件以後の主な絵画盗難事件」の一覧。本書の序文を執筆したジュリアン・ラドクリフの肩書き「盗難美術品登録協会」(ザ・アート・ロス・レジスター)会長から、下記のサイトを確認しました。
「THE ART LOSS REGISTER」
http://www.artloss.com/
検索エンジンで「theft」「art」「international」「database」等をキーワードに検索して類似のサイトを見つけました。
FBI「Art Theft」
http://www.fbi.gov/about-us/investigate/vc_majorthefts/arttheft
INTERPOL「Database / Works of art」
http://www.interpol.int/Crime-areas/Works-of-art/Database

(インターネット最終アクセス:2015年7月14日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術政策.文化財  (709 9版)
絵画  (720 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『アート・マネージメント 画廊経営実感論』(佐谷和彦著 平凡社 1996)(2100095978)
【資料2】『社会のなかの美術』(瀬木慎一著 東京書籍 1978 東書選書)(9102720725)
【資料3】『絵画の秘密 美術商が教える買い方・楽しみ方・儲け方』(山元清則著 蝸牛社 1992)(9102731620)
【資料4】『アートマーケットの裏側 美術品を賢く買うために』(高井秀行著 毎日新聞社 1992)(9102720761)
【資料5】『美術コレクション入門』(瀬木慎一著 ぎょうせい 1991)(県内市町村立図書館所蔵)
【資料6】『わかりやすい文化財保護制度の解説』(中村賢二郎著 ぎょうせい 2007)(2102076120)
【資料7】『最新改正文化財保護法』(文化財保護法研究会編著 ぎょうせい 2006)(0105929335)
【資料8】『文化財保護関係法令集』(文化財保護法研究会監修 ぎょうせい 2009)(1102175744)
【資料9】『文化財保護の実務 上』(児玉幸多編 柏書房 1979)(9102943079)
【資料10】『文化財保護法五十年史』(ぎょうせい 2001)(1101754967)
キーワード
(Keywords)
画商(ガショウ)
美術商(ビジュツショウ)
美術界(ビジュツカイ)
美術市場(ビジュツシジョウ)
文化財保護(ブンカザイホゴ)
重要文化財(ジュウヨウブンカザイ)
国宝(コクホウ)
窃盗(セットウ)
盗難(トウナン)
事件(ジケン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000177659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!