このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177616
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2015-12
事例作成日
(Creation date)
2014/12/10登録日時
(Registration date)
2015年07月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月24日 09時04分
質問
(Question)
アゴニカの花の写真や説明が書いてある資料を探している。森繁久弥「満洲里小唄(まんちゅりこうた)」の歌詞中に出てくる。赤い花のようだ。
回答
(Answer)
植物辞典等を調べましたが、アゴニカの名を持つ花は見つかりませんでした。
アゴニカは、小さなともしびを意味するロシア語「огонька」の可能性があります。この名を持つ花は見つかりませんでしたが、同じくともしびを意味する「огонёк」の花は確認できました。ただし「огонёк」の花は橙色の花で、赤い花と歌われる「満州里小唄」のアゴニカとは一致しませんでした。

以下、調査の内容をお知らせします。

「満州里小唄」とほぼ同一の歌詞の歌「雪の満州里」では、「アゴニカ」が「オゴニカ」と歌われており、「オゴニカ」も同じ花を指していると思われます。
「オゴニカ」が登場する歌には、西條八十作詞「オゴニカ」、松村又一作詞「国境の春」「さすらいのラーニャ」、吉川静夫作詞「異国に祈る」「国境に咲く花」、大高ひさを作詞「望郷バラライカ」等があり、いずれも赤い花として描かれています。
「オゴニカ」が出てくる歌のうち、確認できた中では西條八十の「オゴニカ」が一番古く、ドイツ映画「トロイカ」(1930)の主題歌として昭和6(1931)年に発表されています。

【資料1】『西条八十詩謡全集 第6巻』(千代田書院 昭11)国会図書館デジタルコレクション(参加館送信)info:ndljp/pid/1228894
p50-51(38コマ目)に「オゴニカ」が収録されており、歌詞の末尾には「「オゴニカ」はシベリヤの荒野に咲く真紅の火のやうな花」との註があります。

【資料2】『西條八十全集 8 歌謡・民謡』(西條八十著 国書刊行会 1992)にもp90-91に「オゴニカ」の歌詞が収録されていますが、解説はありません。

【資料3】『帝国農会時報 12月號 (49)』(帝国農会 1931.12)国会デジタルコレクション(参加館送信)info:ndljp/pid/1889532
p21-23「映画物語 トロイカ」には映画の内容が紹介されていますが、オゴニカは出てきません。映画の舞台はモスクワ郊外です。

【資料4】『こじき袋』 (森繁久弥著 中央公論社 1980) 
P145著者が満州の放送局に勤めていた頃のエピソードを綴った「住めば都」という作品の中に、「アゴーニカの赤い花」が出てきます。表記は異なりますが「アゴニカ」を指していると思われます。ただし著者の直接の見聞から書かれた記述ではなさそうです。

「アゴーニカ」でgoogle検索すると、仙台ロシア合唱団の掲示板「ともしびの真実」の記事がヒットします。イサコフスキー作曲「ともしび Огонёк」について、1944年発行の曲集の発見により、不明だった作曲者が判明したとの記事ですが、この曲集掲載時の曲名は「小さなともしび Огонькаアゴーニカ」となっています。
仙台ロシア合唱団の掲示板
http://6614.teacup.com/sendairosiag/bbs/1483

【資料5】「研究社露和辞典」(東郷 正延[ほか]編 研究社 1988)
「огонька」は辞書に掲載されていませんでしたが、「小さなともしび」という訳出や、【資料6】の記述により、火、灯火を意味する「огонь」に「小さいこと」などを表す指小語尾「-Ka」が付加した形)ではないかと思われます。
・中尾裕子「現代ロシア語における指小接尾辞の使用」(京都大学リポジトリ)
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/144676/1/ybunk00322.pdf

同じ語「огонь」から派生した「огонёк」(「огонь」の指小・愛称)の語義中には「〔植〕キンバイソウ(キンポウゲ科)купальница」との記述がありました(p1280)。
「купальница」の項では「キンバイソウ;シナノキンバイ」と記載されています(p903)。

インターネットで「огонёк」×「купальница」の検索をすると、シベリア旅行者向けに作成されたページ「WestSib all Siberia」に花の紹介記事がヒットしました。
http://westsib.ru/show/item/19/Tsveti-Sibiri--Tsvetok-trollya-ogonek-kupalnitsa
「満州里小唄」中の「アゴニカ」との関係は不明ですが、シベリアに咲く花で、「огонёк」、「огоньки」とも呼ばれるようです。花の色は橙色です。

(インターネットの最終アクセス:2015年7月8日)
回答プロセス
(Answering process)
1)インターネットで「アゴニカ」に関する情報を検索
Googleを「アゴニカ」で検索すると、シベリア抑留者の愛唱歌などに「オゴニカ」の名称でも歌われていることがわかる。「オゴニカ」が出てくる歌の中で一番古い年代の西條八十の「オゴニカ」について調べ、映画「トロイカ」の主題歌であったことが判明。映画に登場する花の可能性もあるが、確認できず。

『正論』(産経新聞社 通巻463号 2010.11)p362 「質問があります」コーナーに同様の質問が掲載されていることがわかるが、回答は今のところ未掲載。

2)植物事典を調べる
『植物レファレンス事典』(日外アソシエーツ)等で、中国や満州、シベリヤ(シベリア)、ロシアの植物について「アゴニカ」、「オゴニカ」の名称から調査するが、地域によっては図鑑類が刊行されておらず、該当する植物は見つからない。

3)「満州里」をキーワードに国会図書館デジタルコレクション検索
『赤い夕陽』(満州電々追憶記集[赤い夕陽]刊行会 編1965) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3452243
収録の森繁久弥「国境の街」に「アゴーニカ」が出てくる。
「こじき袋」より要約とあるため、自館所蔵の『こじき袋』確認。アゴニカの記載部分は実体験に基づいて書かれている訳ではなく、歌のイメージが投影されているようにも見える。

4)ロシア語「Огонька」で検索
Googleを「アゴーニカ」で検索すると、「小さなともしび Огонькаアゴーニカ」ヒット。ロシア語綴りが判明。
「Огонька」と同じ意味を持つ「огонёк」の花は確認できたが、赤い花ではなく、「満州里小唄」に出てくる「オゴニカ」と一致しない。
流行歌に出てくる「オゴニカ」の赤い花は、ともしびの語義からの創作の可能性もあるが、確認できない。

満州・ロシアのキンバイソウについては、以下の資料に記載がある。
・『満洲植物の寒地園芸的価値』(満鉄調査部編 博文館 1943)
p198に「キンバイソウ属(二種)Trollius」の記載があります。
・『北方植物の旅』(舘脇操著 朝日新聞社 1971)
p36イルクーツク大学のキャンプの記事中に「シベリアキンバイソウ」の記載がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
被子植物  (479 9版)
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『西条八十詩謡全集 第6巻』(千代田書院 昭11)
【資料2】『西條八十全集 8 歌謡・民謡』(西條八十著 国書刊行会 1992)|9100755356
【資料3】『帝国農会時報 12月號 (49)』(帝国農会 1931.12)
【資料4】『こじき袋』 (森繁久弥著 中央公論社 1980)|9102512437
【資料5】「研究社露和辞典」(研究社 1988)|9102957056
キーワード
(Keywords)
アゴニカ
オゴニカ
満州里小唄
満州里
シベリア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000177616解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決