このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177131
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2015-004
事例作成日
(Creation date)
2014/08/14登録日時
(Registration date)
2015年07月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月14日 10時43分
質問
(Question)
「斎藤與惣次」について調べたいので、掲載されている図書を教えて欲しい。
回答
(Answer)
斎藤與惣次(さいとう よそうじ) (與は与の旧字体 以下、与惣次)
嘉永3.3.15~昭和6.2.26 
民権運動家であり、県会議員。
府中町にうまれ、明治10年、所沢町の田中七朗家から、斎藤家の養子となった。
13年3月所沢学校内学務委員に任命され、15年に所沢町会議員に選出され、43年間在職した。16年に自由党に入党し、県会議員に選出されるも、3か月で辞任した。
 
記載のある資料は以下の通り。
 〇『所沢市史 下』 所沢市史編さん委員会/編 1992年
 〇『埼玉人物事典』 埼玉県教育委員会 編 1998年
 〇『埼玉大百科事典 2』 埼玉新聞社 1981年
 〇『所澤人物名鑑』 埼玉公論社 1927年
 〇『所沢市史研究 第2号』 所沢市史編集委員/編 1978年
 〇『所沢市史調査資料 別集3』所沢市史編さん室/編集 1981年
 〇『埼玉自由民権運動史料』 埼玉自由民権運動研究会/編 1984年
 〇『日本鉄道史の研究』 野田正穂/編 2003年
 〇『所沢市史調査資料 別集7』(所沢関係新聞雑誌記事資料 明治編) 所沢市史編さん室/編 所沢市史編さん室 1985年
 〇『所沢市史-近代史料Ⅰ- 』所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1982年
 〇『所沢市史』 所沢市史編纂委員会/編纂 所沢市 1957年
 〇『埼玉新聞縮刷版 平成22年8月号』 埼玉新聞社 2010年
 〇『市民新聞 平成22年4月2日-平成25年3月15日』 (374号~465号) 市民新聞社 2013 年
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料の内容確認  
 〇『所沢市史 下』 所沢市史編さん委員会/編 1992年
  p107「この官選戸長のもと、彼等を議長として連合町村会が開かれる。各町村の町村会議員のなかから連合町村会議員が選ばれるが、明治十九年所沢町連合町村会議員は、所沢町から斉藤与惣次~らが選ばれている」
  p139~141「当時の所沢町の家計の一例を斉藤与惣次家についてみてみよう。斉藤与惣次は学務委員で所沢小学校の発展に尽力し、最初の県会議員で自由党員でもあり、所沢町会議員もつとめた所沢政界の中心人物であった。明治十四年(1881)四月現在、所有地は九町一反歩余、所沢町では十六番目の地主である~」
 その他p105、111-115、122、125、127、129(写真)、131、136、282などに、記載があり。
 〇『埼玉人物事典』 埼玉県教育委員会 編 1998年
  p368「嘉永3.3.15 - 昭和6.2.26(1850-1931)民権運動家・県会議員。府中町(府中市)生まれ。明治10年(1877)所沢町(所沢市)の田中七郎家から、同地の豪商斎藤家の養子となった。同13年3月県から所沢学校内学務委員に任ぜられ、15年には所沢町会議員に選ばれ、在職43年間に及んだ。13年所沢地域で初めて演説会を開くなど、自由民権思想の紹介に努め、自身は16年自由党に入党、県会議員に選出されたが、わずか3か月で辞任した。22年自由党系結社所沢俱楽部結成に参加した。町会議員在職中には川越鉄道(西武鉄道新宿線)の敷設、同地初の幼稚園創設を始め、町立実科高等女学校創設、町立図書館創設など、町の教育振興に尽力した。享年82歳。 
 〇『埼玉大百科事典 2』 埼玉新聞社 1981年
  p364 興惣次の写真あり。
 〇『所澤人物名鑑』 埼玉公論社 1927年
  p1 「郷土の大恩人」にて記載あり 
 〇『所沢市史研究 第2号』 所沢市史編集委員/編 1978年
  p122-124 127-128 「所沢俱楽部の成立」に記載あり 
 〇『所沢市史調査資料 別集3』所沢市史編さん室/編集 1981年
  p26-27「所沢町立図書館」に記載あり 
 △『新編ところざわ史話』 根岸茂夫[ほか]/執筆 1992年
  p86「睦交社と自由民権運動」に記載あり。斉藤与惣次の写真あり。
 △『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 2006年
  p90、91、93に記載あり。   
 〇『埼玉自由民権運動史料』 埼玉自由民権運動研究会/編 1984年 
  p 273、281、313、350、351、596、627、634、660、664、765に斎藤與惣次の関連記事、名前等の記載あり。 
 △『所沢小学校百年史』 所小百年史編集委員会/編 1975
  p 38 明治22.6.1「斉藤与惣次所沢地区の学務委員に就任。」、明治43.8.4「町立図書館設立。・・・斉藤与惣次学務委員率先して設立運動につとめ・・・」
  p 66「昭和6.2.26「斉藤与惣次氏死去(82歳)」の記載あり。(学務委員就任年月日が、他の資料と異なるので、誤植かと思われる)
 △『所沢小学校創立百二十周年記念誌』 所沢小学校創立百二十周年記念誌編集委員会/編 1993年 
  p 17に明治13.3.12「斉藤与惣次所沢地区の学務委員に就任。」の記載のみあり。
 〇『日本鉄道史の研究』 野田正穂/編 2003年
  p 254、p 260~263に記載あり。 
 〇『所沢市史調査資料 別集7』(所沢関係新聞雑誌記事資料 明治編) 所沢市史編さん室/編 所沢市史編さん室 1985年
  p 93~94「明治42年12月 所沢町斎藤与惣次訪問記」(埼玉新報 明治42年12月14日付)に、川越鉄道関係記事の記載あり。 
 〇『所沢市史-近代史料Ⅰ- 』所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1982年
  p 377~388 「第二節 自由民権運動」に関連記載あり。
 〇『所沢市史 所沢市史編纂委員会/編纂 所沢市 1957年
  p 540~541 「第7編 第10節人物 斎藤與惣次」の項に記載あり。 
 〇『埼玉新聞縮刷版 平成22年8月号』 埼玉新聞社 2010年
  p 359 、8月23日県西版13面「まちづくりに貢献 郷土の恩人知ろう (所沢) 」に「齊藤興惣次と齊藤家展」の関連記事あり。 
 〇『市民新聞 平成22年4月2日-平成25年3月15日』 (374号~465号) 市民新聞社 2013 年
  平成22年8月13日№393、1面に「所沢の基礎を築いた豪商 特別展 斉藤興惣次と斉藤家の歴史」に関連記事あり。
  
2 記載のなかった資料は、下記のとおり
 ×『所沢町上水道抄誌』 所沢町役場/編 所沢町役場 1937年
 ×『所沢町・村長・助役名簿』 生涯学習推進センターふるさと研究担当/編 2012年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
日本  (281 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢市史 下 所沢市史編さん委員会/編 所沢市役所 1992.11 213.4
埼玉人物事典 埼玉県教育委員会 編 埼玉県 1998 K281.34
所澤人物名鑑 埼玉公論社 1927 K281.035
所沢市史研究 第2号 所沢市史編集委員/編 所沢 所沢市史編纂室 1978 213.4
埼玉大百科事典 2 埼玉新聞社 1981 291.34
所沢市史調査資料 別集3 所沢市史編さん室/編集 所沢市史編さん室 1981 213.4
埼玉自由民権運動史料 埼玉自由民権運動研究会/編 埼玉新聞社 1984.12 213.4 4-87889-070-3
日本鉄道史の研究 野田正穂/編 八朔社 2003.4 686.21 4-86014-014-1
所沢市史-近代史料Ⅰ- 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1982 213.4
所沢市史調査資料 別集7 所沢市史編さん室/編 所沢市史編さん室 1985.3 213.4
埼玉新聞縮刷版 平成22年8月号 埼玉新聞社 2010.9 071
市民新聞 平成22年4月2日-平成25年3月15日 (374号~465号) 市民新聞社 2013 071
所沢市史 所沢市史編纂委員会/編纂 所沢市 1957 213.4
キーワード
(Keywords)
所沢町会議員
川越鉄道
所沢俱楽部
自由党
自由民権思想
所沢小学校
斎藤與惣次
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000177131解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!