このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176752
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進15R-15
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2015年07月03日 16時29分更新日時
(Last update)
2015年07月14日 15時44分
質問
(Question)
大福帳と現代の複式簿記の違いを知りたい。
回答
(Answer)
※( )内は当館請求記号

大福帳とは、江戸時代から明治・大正頃まで最も普遍的に用いられた
帳簿名である。売掛金の発生・回収・残高の得意先別管理簿として
用いられるのが一般的だった。また、縁起を担ぐ意味で商家では最も
重要とされる帳簿、農家においては家計簿としての金銭出納帳等に大福帳の
呼称を用いた例もある。
大福帳は江戸時代の簿記だが、以上のように広い意味で用いられた。

江戸時代の帳簿に関する資料として以下の資料を提供する。
『日本家計簿記史』三代川正秀著/税務経理協会/1997/(591.9/01)
『企業会計 32巻6号』中央経済社/(33/111)
『大阪の研究 第3巻』清文堂出版/(216/14/3)
回答プロセス
(Answering process)
大福帳の概要を知るため、『国史大辞典 第8巻』(210/0298/8)を引く。大福帳は
商家・農家でも使われていた帳簿名だと知る。
更に詳細な資料を探すため、『国史大辞典 第8巻』の参考文献より当館所蔵のものを探す。
『大阪の研究 第3巻』(216/14/3)で宮本又次「江戸時代の帳簿と帳合」を見つける。
更に自館OPACで”簿記史”で検索。
『日本家計簿記史』(591.9/01)p.30に江戸帳合組織図があり、この図の
初出文献である『企業会計 32巻6号』(33/111)p.100-103をご案内する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経営管理  (336 7版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典 第8巻』国史大辞典編集委員会編/吉川弘文館/1998/(210/0298/8)p.862~863(AJ94061642)
『大阪の研究 第3巻』宮本又次編/清文堂出版/1969/(216/14/3)p.453~479(AJ88009099)
『日本家計簿記史』三代川正秀著/税務経理協会/1997(591.9/01)p.30(AJ94194482)
『企業会計 32巻6号』中央経済社/1980/(33/111)p.100~103(ZW94000414)
キーワード
(Keywords)
大福帳
簿記
帳簿
帳合
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
開放講座
登録番号
(Registration number)
1000176752解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!