このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176562
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
3A15002840
事例作成日
(Creation date)
2014年02月04日登録日時
(Registration date)
2015年06月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月29日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に大坂にあった刑場の名称と場所を知りたい。
回答
(Answer)
大坂には、「千日刑場」「鳶田(飛田)刑場」「野江刑場」「三軒家刑場」がありました。

以下のように記載されています。
・『大坂町奉行と刑罰』藤井 嘉雄/著 清文堂出版,1990 <当館書誌ID:0000243039> 
p.116~118
(1)千日刑場 (中央区千日前一丁目) 
「元禄一五年〔一七〇二〕八月二六日、芝居「男作五雁金」で有名な雁金文七外四名は道頓堀刑場で獄門になっているところをみると、千日刑場は嘗ては道頓堀刑場とも言われていたことが知られる。千日刑場は難波村の北端にあり、千日墓所の前にあった。千日刑場(間口十八間・奥行九間)においては獄門刑のみを執行した。つまり、罪人を松屋町牢屋敷内で斬首し、その刑首をここで晒〔肆〕した。」

(2)鳶田(飛田)刑場(西成区太子町一丁目) 
「鳶田(飛田)刑場は、摂州西成郡今宮村鳶田の泉州筋街道に面した処にあり、南北間数凡一町位で供養塔が数基建立されていた。平素は葦の茂った原野であった。また、平日は番人小屋はなく、処刑の時に番人小屋を建て、番人が詰めた。」

(3)野江刑場 (都島区中通り三丁目) 
「野江刑場は、高麗橋から約一里程の東成郡野江村の京街道に面した処にあり、平日は雑草が生い茂っていた。その規模等の詳細は定かではない。」

(4)三軒家刑場 (大正区三軒家東二丁目、月正島・一名葦島) 
「三軒家刑場は、木津川口の月正島にあった刑場で、一名葦島刑場とも称した。その規模は定かではない。廻船にかかる御仕置はこの刑場で執行した。『町奉行所旧記』にいう安治川口・木津川口刑場とは、この三軒家刑場を指すものと思われる。明和元年〔一七六四〕五月二日、対馬藩の通詞鈴木伝蔵は、朝鮮使節一行の崔天宗(さい てんそう)なる者を、その宿寺である西本願寺津村御堂で刺殺した件により、月正島で「死罪」に処せられたことは有名である。」
(中略)
「これらの刑場の内、鳶田・野江両刑場は、千日刑場よりは場所的に広かったので、主として、鋸挽・磔・火罪等の死刑を、千日刑場は前述のように獄門刑〔晒首の刑〕を、夫々執行した。また鳶田刑場は野江刑場よりも広かったので、火罪は主として鳶田刑場で執行した。」

(5)晒場 
「附加刑としての晒や本刑としての晒刑を執行する場所(晒場)も刑場である。
高札場は高麗橋・京橋・天満橋・札ノ辻町・玉造平野口町・日本橋及び天王寺の七箇所にあった。
晒場はその中の日本橋と高麗橋にあり、晒刑はその何れかで執行したが、後期には高麗橋が多かった、と言われる。」

また、
・『日本刑罰史蹟考』 重松 一義/著 成文堂,1985  <当館書誌ID:0080097101> 
p.163から大阪について記載があり、p.174には、堺の刑場について、
「堺の仕置場は北仕置場と南仕置場と二箇所あり、北之橋北詰の並松町の西側、風間寺の向かいにあったのが北仕置場である。(中略)南仕置場は、北仕置場より後に設けられたもので、享保初期といわれる。湊村の小栗街道にある一里塚に向ひあった西側、(中略)現在の堺市東湊町にあたる(重松刑場遺構)」とあります。

下記の資料にも大阪の刑場について同様の記載がみつかりました。
『大江戸暗黒街 -八百八町の犯罪と刑罰-』重松 一義/著 柏書房 2005 <当館書誌ID:0011082522>
p.149 江戸以外の諸藩刑場の項に大阪あり。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館資料をフリーワード“大阪×刑罰”“刑場×日本”で検索、ヒットした資料を確認
【資料1】p.116-118に御仕置場の項あり。
『江戸の刑罰(読みなおす日本史)』石井 良助/著 吉川弘文館 2013.3 <当館書誌ID:0012676574>には記載が見つからず。

2.大阪府立中之島図書館「大阪文献データベース」を検索。“刑場(文献名)”“仕置”では該当なし。“刑罰”で3件ヒットするが当館所蔵は1冊のみ。
『刑罰の歴史』石井 良助/著 明石書店 1992 <当館書誌ID:0000249512>
刑場については記載がない。

3.CiNii Booksを“近世×刑場”“日本×刑場”“仕置場”“刑場”で検索したが回答に結びつく資料は確認できず。

4.GoogleBooksを“刑場×大阪”で検索し、ヒットした資料を確認
【資料2】p.163~大阪、堺について記載あり
【資料3】p.149、江戸以外の諸藩刑場の項に大阪あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000243039>  大坂町奉行と刑罰 藤井 嘉雄/著 清文堂出版 1990 9784792402921 (資料1)
当館書誌ID <0080097101>  日本刑罰史蹟考 重松 一義/著 成文堂 1985.9  (資料2)
当館書誌ID <0011082522>  大江戸暗黒街 -八百八町の犯罪と刑罰- 重松 一義/著 柏書房 2005.11 9784760128082 (資料3)
キーワード
(Keywords)
刑場
仕置場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000176562解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!