このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176503
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-864
事例作成日
(Creation date)
2015年06月27日登録日時
(Registration date)
2015年06月28日 10時14分更新日時
(Last update)
2015年11月15日 16時52分
質問
(Question)
江戸時代より以前
1. 一般の人(農民とか)は亡くなったとき、どこに葬られたか。

2.各地に共同墓のようなものがあったのか?
田んぼのなかに4~5の小さな石碑を見ることがあるが、これは明治以降のことか。

3.一般人(農民とか)の共同墓があったとすれば、神戸(特に兵庫区、長田区、中央区)ではどこにあったのか?
回答
(Answer)
1. 資料1~6によると
葬法=遺体を葬る方法 について、日本においては土葬・火葬・風葬が行われ、樹上葬・水葬もかつてあったのではないかとされており、古墳時代後期から中世にかけての葬法は文献も少なく不明な点が多いようである。

従来の研究では、土葬が一般的な葬法と考えられていたが、次のような諸説もみられる。
『墓地 日本古代文化の 探究』社会思想社,1975刊 : 火葬は従来考えられていたものより多く行われていた
『日本中世の墓と葬送』吉川 弘文館,2006刊 : 風葬、遺棄が中世では一般的に行われていた

2. 共同墓について
『日本民俗大辞典・下』吉川弘文館,1999刊 :「墓」の項に墓の立地について記載。
『日本大百科全書8』小学館,1984刊 :「墓」の項に、庶民のために石碑をたてる風習は、近畿の先進地帯でも中世末からのことであ り、広く普及したのは近世の中ごろと記載。

3. 神戸の明治以降の共同墓地については『衛生局のあゆみ』1969刊に、明治以降設けられた市立墓地施設の記載あり。江戸時代以前について記述した資料は見つからず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 8版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
参考資料
(Reference materials)
『衛生局のあゆみ』神戸市衛生局 1969 ( PV:0000254845 0014=52)
資料1. 『日本民俗大辞典 下』吉川弘文館 1999刊 (PV:69815 館内閲覧 380=M9=2)
資料2. 『葬送墓制研究集成第五巻 墓の歴史』 名著出版 1979刊 (PV:0006014664 386=33=5)
資料3. 『日本葬制史』 吉川弘文館 2012刊 (PV:7200242219 385=P2)
資料4. 『墓と葬送の社会史』吉川弘文館 2014 (PV:7200377597 385=P4)
資料5. 『墓地 日本古代文化の 探究』社会思想社,1975 (PV:0000295815 386=21)
資料6. 『日本中世の墓と葬送』吉川 弘文館,2006 (PV:7000337540 385=N6)
キーワード
(Keywords)
墳墓
冠婚葬祭--日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
メールレファレンス
調査種別
(Type of search)
事実調査 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000176503解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!