このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176476
提供館
(Library)
和歌山県立図書館 (2110042)管理番号
(Control number)
和図-15-0001
事例作成日
(Creation date)
2014年8月8日登録日時
(Registration date)
2015年06月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年06月27日 09時16分
質問
(Question)
1江戸時代、和歌山(紀州藩)にあった時鐘(堂)について設置年や現存の有無を知りたい。
2現存していれば、その時鐘の写真が載っている文献はないか。
回答
(Answer)
1 当時、本町五丁目と岡山(両地とも現和歌山市)の2カ所に時鐘堂が設置されていた。本町五丁目の時鐘堂は、慶長五年(1600年)に設置され、大正六年(1917年)に除去されたとある。岡山の時鐘堂は、正徳二年(1712年/五代紀州藩主徳川吉宗の時代)に建築され、同年9月1日に鐘のつき初めを行ったと記されている。大正十年(1921年)三月三十一日に時報廃止となり役目を終えたが現存している。岡山時鐘堂の梵鐘(釣鐘)においては、紀州藩主二代徳川光貞の命により、元禄年中に造られている。

2 『和歌山県文化財報告書(八)』(和歌山県 編 1974年 歴史図書社)58頁に所収の「和歌山県文化財調査報告書 第二集」の「岡山時鐘堂」の項目に、梵鐘の写真がある。
回答プロセス
(Answering process)

(1)『和歌山県史 近世』(和歌山県史編さん委員会 編 1990年)に該当なし。
(2)『南紀徳川史』総目録により、同書の第一巻(堀内信 編 1970年 名著出版)485頁に「岡山時の鐘」の項目を見つける。
(3)『南紀徳川史』の記述内容を簡単に解説している資料はないか、『和歌山県文化財報告書(八)』を調べた結果、岡山時鐘堂及びその梵鐘について詳細な解説があった。また、梵鐘の写真(白黒)もあり、上記の質問2の回答とした。
(4)『和歌山市史 第2巻 近世』(和歌山市史編さん委員会 編 1989年)を調べた結果、528頁に、本町五丁目並びに岡山の時鐘についての記述があり、岡山時鐘(堂)の解説の参考文献が『南紀徳川史』であることが確認できた。
(5)本町五丁目の時鐘堂に関する記述が少ないので、上記(3)の『和歌山県文化財報告書(八)』における「岡山時鐘堂」の調査報告者である田中敬忠氏の著書『紀州今昔 ―和歌山県の歴史と民俗』(田中敬忠 著 1979年 帯伊書店)を調べた結果、61頁に「時鐘堂」の項目があり、本町五丁目の時鐘堂についての解説があった。


上記1(3)のとおり。

※国立国会図書館デジタルコレクション(以下アドレス)により、キーワード「岡山時鐘堂」で検索した結果、『和歌山縣史蹟天然記念物調査會報告第十八輯』(和歌山縣 編 1939年)が該当し、「岡山時鐘堂」の掲載写真があった。
 (アドレス) http://dl.ndl.go.jp/
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
芸術政策.文化財  (709)
参考資料
(Reference materials)
『南紀徳川史』
『和歌山県文化財調査報告書』
『和歌山市史』
『和歌山県の文化財 第2巻』(安藤精一 編 1981年 清文堂出版)
『紀州今昔 ―和歌山県の歴史と民俗』
キーワード
(Keywords)
時鐘堂
岡山時鐘堂
紀州藩
和歌山市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000176476解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!