このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176261
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2009-10211-般
事例作成日
(Creation date)
2009年10月21日登録日時
(Registration date)
2015年06月23日 13時23分更新日時
(Last update)
2015年07月07日 17時52分
質問
(Question)
速読法の本を読むと、すごく効果があるようなことが書いてあるが、一方でインチキだという話も聞く。白黒つけた本が読みたい。
回答
(Answer)
どちらがいいかという結論を出すことはできないので、「速読をすすめている資料と、速読を批判している資料をそれぞれ提供する」という形で回答。

○速読をすすめている資料
以下の2冊は、右脳や左脳などの用語を用いて速読の有効性を主張しているもの。
・『栗田式奇跡の速読法』…著者が提唱する「SRS」という速読法は、心身を「運動系」、「感情系」、「言語系」などの6つのシステムに分解して、それぞれを訓練することで、総合的な能力が高まるというもの。
・『すらすら読める速読入門』…イメージを認識する右脳をトレーニングにすることにより、速読が可能になるというのは、科学的に実証されたことではないが、トレーニングすれば、普段使わずに眠っている脳の領域が刺激され、脳がどんどん発達するので、あきらめずに速読にチャレンジした方が良いという内容。

以下の2冊は、速読の科学的根拠は実証されたものではないとはっきり明示したもの。
・『速読のすすめ』…巷にある1分間に何万字も読むというような速読法は科学的に根拠のないことなので、「眼球トレーニング」や「とばし読み・ぬかし読み」の技術によって読書速度を上げようというもの。
・『40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法』…世の中にあふれる速読術は、右脳や左脳といった言葉に惑わされやすいが、英米の科学雑誌に一つも論文が載ったことがない恣意的な仮説にすぎないので、著者が考案した、苦しい訓練やトレーニングが必要ない「速読勉強法」を薦める内容。

○速読を批判している資料
・オールド・ドミニオン大学心理学部教授のダニエル・マクナマラ博士がNASAに提出した論文
「Preliminary Analysis of PhotoReading」
http://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/20000011599.pdf  閲覧日:2009年10月21日)
「フォトリーディングの技法を用いた場合と用いなかった場合で、資料に対する読解度や読む速度に著しい差が認められなかった」という主旨。
(この論文の参考として、フォトリーディングの本『図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める』も紹介。)

・『本の読み方』…p.34,39-43,51,52,58-60に速読を批判・疑問視する内容が書かれている。
・『遅読のすすめ』…p.15-26に速読を批判・疑問視する内容が書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
1. 速読法とはどんなものか調べる。『広辞苑』p.1641「速読」より「本などを速く読むこと。」。『大辞林』p.1402「速読」より「本などの文章を普通より速く読むこと。」。
ウィキペディアの「速読術」のページ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E8%AA%AD%E8%A1%93  閲覧日:2009年10月21日)によると、「文章を速く読むための技術であり、時には読書法も含まれる場合ある。読書速度を向上させ、効率的に大量の書物を読破する技術である。」とある。回答として、読書法は求めているものと違うと判断。またこのページによると、一般にいわれる速読術とは、「1981年にブームが起こり、キム式の『写真記憶』がテレビで実演された。」とある。他にもいくつかの方法論があり、写真記憶のようなものから、科学的な訓練方法が確立されているものまで様々なものがあるようである。

2. 速読について書かれた資料を探す。自館OPACでキーワード「速読」で検索し、ヒットした25件のうち、英語の学習書や、読書法について書かれたものは除いた本を検討した。

以下の2冊は、右脳や左脳などの用語を用いて速読の有効性を主張しているもの。
・『栗田式奇跡の速読法』…著者が提唱する「SRS」という速読法は、心身を「運動系」、「感情系」、「言語系」などの6つのシステムに分解して、それぞれを訓練することで、総合的な能力が高まるというもの。
・『すらすら読める速読入門』…イメージを認識する右脳をトレーニングにすることにより、速読が可能になるというのは、科学的に実証されたことではないが、トレーニングすれば、普段使わずに眠っている脳の領域が刺激され、脳がどんどん発達するので、あきらめずに速読にチャレンジした方が良いという内容。

以下の2冊は、速読の科学的根拠は実証されたものではないとはっきり明示したもの。
・『速読のすすめ』…巷にある1分間に何万字も読むというような速読法は科学的に根拠のないことなので、「眼球トレーニング」や「とばし読み・ぬかし読み」の技術によって読書速度を上げようというもの。
・『40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法』…世の中にあふれる速読術は、右脳や左脳といった言葉に惑わされやすいが、英米の科学雑誌に一つも論文が載ったことがない恣意的な仮説にすぎないので、著者が考案した、苦しい訓練やトレーニングが必要ない「速読勉強法」を薦める内容。

他にも、自己流の速読術を紹介しているものも多かった。「速読術」とは、速く本を読む技術・方法論をさす言葉であり、科学的に確立している技術ではないようである。

3. 速読を批判している資料を探す。1.で見たウィキペディアの「速読術」のページで紹介されている「フォトリーディング」という速読法の項目に、その効能を疑問視した実験の論文も提出されているとあった。論文の主旨は、「フォトリーディングの技法を用いた場合と用いなかった場合で、資料に対する読解度や読む速度に著しい差が認められなかった」というものであるという。ネット上で英語の論文が公開されている。
オールド・ドミニオン大学心理学部教授のダニエル・マクナマラ博士がNASAに提出した論文
「Preliminary Analysis of PhotoReading」
http://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/20000011599.pdf  閲覧日:2009年10月21日)

参考に、2.で調べた本の中から、フォトリーディングの本『図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める』も紹介。

また、Googleでキーワード「速読、批判」で検索すると、「スロー・リーディング」という言葉が出てきたので、自館OPACでキーワード「スロー・リーディング」で検索すると以下の本が見つかった。
・『本の読み方』…p.34,39-43,51,52,58-60に速読を批判・疑問視する内容が書かれている。p.81に「遅読」という言葉が出てくる。
自館OPACでキーワード「遅読」で検索すると以下の本が見つかった。
・『遅読のすすめ』…p.15-26に速読を批判・疑問視する内容が書かれている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
読書.読書法  (019 9版)
参考資料
(Reference materials)
新村出 編 , 新村, 出, 1876-1967. 広辞苑 第6版. 岩波書店, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009251951-00
松村明 編 , 松村, 明, 1916-2001. 大辞林. 三省堂, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001950810-00 , ISBN 4385140014
栗田昌裕 著 , 栗田, 昌裕, 1951-. 栗田式奇跡の速読法 : 仕事と学習の成果を高める. PHP研究所, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002640010-00 , ISBN 4569558518
福島哲史 著 , 福島, 哲史, 1960-. すらすら速読入門. ぱる出版, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007755124-00 , ISBN 4827201625
高島徹治 著 , 高島, 徹治, 1937-. 40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法. 講談社, 2003. (講談社ニューハードカバー)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004014401-00 , ISBN 4062642050
佐藤泰正, 佐藤記道 共著 , 佐藤, 泰正, 1929-. 速読のすすめ : 脳の活性化をうながす. 棋苑図書, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009146637-00 , ISBN 9784873652146
フォトリーディング公認インストラクターズ 著 , 神田昌典 監修 , 神田, 昌典. 図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める. フォレスト出版, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008014197-00 , ISBN 4894511959
平野啓一郎 著 , 平野, 啓一郎, 1975-. 本の読み方 : スロー・リーディングの実践. PHP研究所, 2006. (PHP新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008276387-00 , ISBN 4569654304
山村修 [著] , 山村, 修, 1950-2006. 遅読のすすめ. 新潮社, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003590966-00 , ISBN 4104562017
「Preliminary Analysis of PhotoReading」 http://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/20000011599.pdf  (閲覧日:2009年10月21日)
ウィキペディア「速読術」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E8%AA%AD%E8%A1%93  (閲覧日:2009年10月21日)
キーワード
(Keywords)
速読
速読法
速読術
フォトリーディング
スロー・リーディング
遅読
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000176261解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!