このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000176107
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H27-001
事例作成日
(Creation date)
2015年5月17日登録日時
(Registration date)
2015年06月18日 12時45分更新日時
(Last update)
2015年07月03日 13時47分
質問
(Question)
仏教音楽と中国語は、何らかの関連・関係性があるのか。
回答
(Answer)
回答プロセスの資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
インターネット検索エンジンGoogleにて“中国語 仏教 影響”をキーワードに検索したところ、宮嶋純子「漢訳仏典における翻訳語「頗梨」の成立」がヒットした。(最終確認2015/07/01)
 →「はじめに」の箇所に、漢訳仏典が中国語の語彙の形成に与えた影響について・・・と記述あり。

自館OPACにて“中国語 歴史”をキーワードに検索したところ、以下の資料がヒットした。
『中国語の歴史』 大島正二 大修館書店 2011 【820.2 S28649945】
 →p.214に記述あり。

『仏典はどう漢訳されたのか』 船山徹 岩波書店 2013 【183.02 S31992910】
 →p.177に「仏典の漢訳が中国語にもたらしたもの」の項目あり。

『仏教漢語50話』 興膳宏 岩波書店 2011 【S180 S23637721】
 →「はじめに」の部分で少しふれている。

『中国史における仏教』 アーサー F.ライト/著 第三文明社 1980 【182 S00028563】
 →P.123以降仏教起源の言葉についての記述あり。


※【】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国語  (820)
仏教史  (182)
参考資料
(Reference materials)
『中国語の歴史』 大島正二 大修館書店 2011
『仏典はどう漢訳されたのか』 船山徹 岩波書店 2013
『仏教漢語50話』 興膳宏 岩波書店 2011
『中国史における仏教』 アーサー F.ライト/著 第三文明社 1980
キーワード
(Keywords)
仏教
中国語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000176107解決/未解決
(Resolved / Unresolved)