このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175412
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2015-004
事例作成日
(Creation date)
2015年06月04日登録日時
(Registration date)
2015年06月04日 16時37分更新日時
(Last update)
2015年12月21日 09時28分
質問
(Question)
昭和10年代にあった、名古屋拘置所がいつできたのか知りたい
回答
(Answer)
名古屋拘置所は、昭和13年5月竣工、同年7月2日開所式・落成式が行われました。官報による施行は昭和13年7月1日よりとなっています。また、落成は3月、6月2日開庁という記事もありました。
回答プロセス
(Answering process)
0.『名古屋市史』など、郷土資料の主なものはすでに確認済みとのことでした。

1.いつ頃できたのか、大きく絞り込むために電話帳の掲載を確認しました。
『名古屋職業別電話帳 昭和13年9月1日現在』
→p.4下段に「名古屋拘置所」が掲載されており、住所は「東、上竪杉、二ノ二」とありました。
そこで、遡って確認しました。
『名古屋職業別電話帳 昭和12年7月1日現在』
→p.3下段に「拘置監建築場事務所」とあり、住所は「「東、上竪杉、二ノ二」となっていました。
したがって、昭和12年7月1日から昭和13年9月1日の間に設置されたものと推測されます。

2.官報を確認しました。
『法令全書』を利用し、昭和12年と同13年の索引で「監獄」をキーワードにしている記事を探したところ、次の記事が見つかりました。
「官報 昭和13年6月29日 第3445号」
→p.1037に6月28日付の勅令第440号として、「別表中東京拘置所ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ 名古屋拘置所 愛知県名古屋市」とあり付則により昭和13年7月1日より施行されています。

3.国立国会図書館サーチで検索しました。
雑誌「刑政」がヒットしました。図書館送信参加館内公開ですが、当館は参加館ですので閲覧が可能です。
「刑政」51巻8号p.109-113
→「名古屋拘置所落成開庁式」として、所長の式辞、司法大臣・名古屋控訴院長・愛知県知事・名古屋弁護士会長・全国刑務所長代表の祝辞が掲載されています。これらから、開庁式が「本月二日」行われたこと、敷地の大きさ、新築への経緯などが記されています。しかし、式辞・祝辞であるため、「本日」「今日」といった表現が用いられており、はっきりとした日付がわかりませんでした。発売日は分かりませんが、1938年8月号であることから、5月から8月ではないかと類推されます。
「刑政」89巻11号p.84
→名古屋拘置所の改築についての記事が掲載されており、「当所は、昭和十三年五月新築竣工」とあります。

4.「刑政」により、昭和13年5月から8月の間の2日と絞られたため、新聞を確認しました。
『名古屋新聞縮刷版 昭和13年7月』
→昭和13年7月2日朝刊11面に「名古屋拘置所 けふ開所式」の記事が掲載されていました。写真があり、2日に落成開所式、3,4日に入場券持参者を迎え、11、12日に収容中の未決囚の引越しとありました。
『新愛知縮刷版 昭和13年7月』
→昭和13年7月2日朝刊5面に「モダン拘置所 けふ落成式」の記事が掲載されていました。

4.郷土史料以外の資料を確認しました。
『日本刑罰史年表 増補改訂版』
→p.247に「3【月】名古屋拘置所新築落成、6月2日開庁」とあります。
『刑罰の理論と現実』
→p.73-75に名古屋刑務所についての記述があります。p.73の沿革に「昭和13年、名古屋拘置所の設置により」とあります。
『図鑑日本の監獄史』
→p.485に「昭和十三年(一九三八)7【月】名古屋拘置所が新設される」とあります。

5.インターネットで調査を行いました。
法務省のサイト「矯正の沿革と仕事のあらまし」を確認しましたが、記載はありませんでした。

名古屋矯正管区のPDFを確認しましたが、記載はありませんでした。

6.愛知県図書館より下記の資料を取り寄せて確認しました。
『管内行政機関等要覧(中部地方)昭和56年度版』
→p.42に名古屋拘置所が掲載されており、下部機関、沿革、設置根拠、組織及び職員数、所掌事務を知ることができます。沿革により、明治13年に”名古屋監獄の一隅に拘置監として建築され”、昭和13年7月に”名古屋拘置所が設置される”とあります。

『管内行政機関等要覧(中部地方)昭和60年度版』
『行政機関ガイドブック(中部地方)昭和63年版』
→2冊ともp.33-34に名古屋拘置所が掲載されていますが、沿革は記載されていませんでした。

注:【 】内は記述者が追加したものです
サイト最終確認日:2015/07/24
事前調査事項
(Preliminary research)
『名古屋今昔写真集1』p.129に、昭和10年代の写真が掲載されキャプションがありますが、設置年の記述はありません。
『東区史』p.340に、名古屋拘置所が掲載されていますが、昭和48年現在にある官公署であり、該当の拘置所ではありません。
NDC
社会科学  (3 9版)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋今昔写真集1』、林董一/監修、樹林舎、2007年 (p.119)
『東区史』、東区史編さん委員会/編、東区総合庁舎建設後援会、1973年 (p.340)
『名古屋職業別電話帳 昭和13年9月1日現在』、逓友協会/編、逓友協会、1939年 (p.4下段)
『名古屋職業別電話帳 昭和12年7月1日現在』、逓友協会/編、逓友協会、1937年 (p.3下段)
『昭和年間 法令全書 第12巻-1 昭和13年』、内閣印刷局/編、原書房、1998年 (p.87-88)
「官報 昭和13年6月29日 第3445号」 (p.1037、勅令第440号)
「刑政」51巻8号( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2671287 ) (p.109-113)
「刑政」89巻11号( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2671694 ) (p.84)
『名古屋新聞縮刷版 昭和13年7月』、オンデマンド版、双光エシックス/制作、2011年 (昭和13年7月2日朝刊11面、写真あり)
『新愛知縮刷版 昭和13年7月』、オンデマンド版、双光エシックス/制作、2013年 (昭和13年7月2日朝刊5面)
『日本刑罰史年表 増補改訂版』、重松一義/著、柏書房、2007年 (p.247)
『刑罰の理論と現実』、荘子邦雄/編、岩波書店、1972年 (p.73-75)
『図鑑日本の監獄史』、重松一義/著、雄山閣出版、1985年 (p.485)
法務省「矯正の沿革と仕事のあらまし」( http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse02.html
名古屋矯正管区(( http://www.moj.go.jp/content/001131732.pdf
『管内行政機関等要覧(中部地方)昭和56年度版』(行政管理庁中部管区行政監察局、大蔵省印刷局、1982年) (p.42)
『管内行政機関等要覧 中部地方 昭和60年版』(総務庁中部管区行政監察局/編、大蔵省印刷局、1985年) (p.33-34)
『行政 機関等 ガイドブック 昭和63年版』(総務庁中部管区行政監察局、大蔵省印刷局、1988年) (p.33-34)
キーワード
(Keywords)
名古屋拘置所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000175412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!