このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175175
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-85-2015-005
事例作成日
(Creation date)
20150401登録日時
(Registration date)
2015年05月28日 18時05分更新日時
(Last update)
2015年10月03日 14時41分
質問
(Question)
尾生之信(びせいのしん)という故事に出てくる男の解釈が「信義が厚い男」と「ばか正直者」という二つあると聞いた。二つの解釈が載っている中国の本が見たい。
回答
(Answer)
(1)『岩波四字熟語辞典』(岩波書店辞典編集部/編 岩波書店 2002.10 P.534~535)に以下の記述有。
 尾生之信 びせいのしん
 かたく約束を守ること。また、ばか正直なこと。
『荘子』盗跖(とうせき)の「尾生(びせい)は女子と梁下に期し(橋の下で会う約束をし)、女子来たらず。(尾生は)水至るも去らず、梁柱(橋脚)を抱いて死す」による。孔子が大盗賊の盗跖にやりこめられる寓話の部分で、女との約束を守って溺れ死んだ尾生について、荘子は「名に離(かか)り死を軽んじて、本(もと)を念(おも)い寿命を養わざる者なり」と盗跖に言わせている。一方、同じ尾生の故事を載せる『史記』蘇秦伝では、尾生を信義を守った者としている。引用から『抱柱之信』(ほうちゅうのしん)とも言う。
(2)『中国故事物語』(後藤 基巳/[ほか]編 河出書房新社 1980 P.236~237)
 尾生の信について、故事の内容と『史記』蘇秦伝、『荘子』盗跖篇に載ってると記述有。

(3)『新釈漢文大系 88 史記八 列伝(一)』(明治書院 1990.2 P.274~275)
(4)『新釈漢文大系 8 荘子 下巻』(明治書院 1967.3 P.747~748)
『史記』と『荘子』に尾生の記述があったので、ご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『史記』と『荘子』に載っているようだと言われていました。
NDC
語彙  (814 8版)
参考資料
(Reference materials)
『岩波四字熟語辞典』(岩波書店辞典編集部/編 岩波書店 2002.10) 
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003595073-00
『中国故事物語』(後藤 基巳/[ほか]編 河出書房新社 1980)
『新釈漢文大系 88 史記八 列伝(一)』(明治書院 1990.2 P.274~275)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001378346-00
『新釈漢文大系 8 荘子 下巻』(明治書院 1967.3), ISBN 4625570085
キーワード
(Keywords)
尾生之信
尾生の信
故事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
下記の資料には記載なし。
『三省堂中国名言名句辞典』(大島 晃/編  三省堂 2011.8)
『故事成語』(合山 究/著  講談社 1991.11)
『四字熟語の中国史』(富谷 至/著 岩波書店 2012.2)
『故事成語の誕生と変容』(湯浅 邦弘/著 角川学芸出版 2010.9)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000175175解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!